市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年10月27日

中国の工作が成功したのだろう、包囲網に穴が空いた状態


  
 東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議は26日、オンライン形式で開幕した。
 ただ、ミャンマーの軍事政権は、国軍トップの出席が認められなかったことから欠席した。
 中国共産党の支援を受けてきたミャンマー軍は中国包囲網の寸断を狙って背後で工作したクーデターによる権力掌握から9か月がたつ中、孤立を深めている。

 この首脳会議は3日間にわたるもので、ジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領や中国の李克強(Li Keqiang)首相も出席する。

 初日の協議では、2月のクーデターとそれに続く
   反体制派への激しい弾圧
で混乱が続くミャンマーが中心的議題となった。

 ミャンマーの軍事政権は、クーデターにより文民政権トップの座から転げ落ちた
   アウン・サン・スー・チー氏(76)
と特使との面会を拒絶した。

 ASEANはこれを受け、軍事政権トップ
   ミン・アウン・フライン国軍総司令官
を首脳会議から排除し、代わりに外務省高官を招待した。

 ミャンマーでの短い民主主義統治は中国が裏で工作したと言われるクーデターにより崩壊した。

 ユダヤ系組織の政治的な判断で決められているとも言われる
   ノーベル平和賞
を受賞したスー・チー氏は、軍事政権により一連の罪で裁判にかけられ、数十年の禁錮刑を言い渡される可能性がある。
 26日に非公開で開かれた審理では、スー・チー氏が初めて証言したが、証言の内容は明らかにされていない。

 ASEANは穏健な組織としてみられることが多い。
 ミャンマー軍事政権トップの首脳会議からの排除は異例の措置となった。

 会議で演説した各加盟国の代表は、ASEANに対する非協力的姿勢や、治安回復の遅れなどを批判し、ミャンマーの軍事政権を非難した。

 なお、米国ホワイトハウスによれば、バイデン氏もミャンマーでのクーデターと「恐ろしい暴力」を非難し、トランプ支持はによる米国議会議事堂占拠の問題を再認識させた。


  
posted by まねきねこ at 05:20 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国政府の楔が防衛網に破壊的な影響を与えかねない現実を直視すべき


 中国の習近平国家主席が26日、豪の原子力潜水艦建造計画に反発したフランスの
   マクロン大統領
と電話会談し「欧州連合(EU)が自主的な戦略を取るべきだとフランスが主張しているのは正しいことだ」と述べ、米英と仏の関係悪化を意図的に誘導し始める戦略的な動き始めたようだ。

 この階段お情報は中国政府が発表したもので、中国との対立姿勢を続ける米国に影響を受けないように、中国と関係を強めるよう求めたものといえる。

 習氏は、フランスの正しさは「国際社会で最近起きたこと」が物語っていると強調した。

 米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」の創設により、オーストラリアとの潜水艦共同開発計画を破棄されたフランスが米国に強く反発したことを指すもの。

  
  
posted by まねきねこ at 05:04 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスクバブルが弾けそうだ


 北朝鮮の独裁者
   金正恩朝鮮労働党委員長(当時、現在は総書記)
は2016年1月1日の「新年の辞」を肉声で発表し、前年8月の韓国との軍事危機を振り返り、「祖国統一と北南関係の改善を望まない反統一勢力は、戦争策動に狂奔しながら交戦直前の危険極まりない事態をつくり出し、内外の大きな憂慮を呼び起こした。

 韓国当局は、北南対話と関係改善の流れに逆行し、北朝鮮の『体制変化』と一方的な『体制統一』を公然と追求しながら北南間の不信と対決を激化させた。

 このほか、同じ「新年の辞」の中で「昨年の戦争の危険」「一触即発の危機」「昨年の8月事態」「全面戦争へと広がりかねない」などと、軍部引き締めを目論み繰り返し8月危機に言及している。

 なお、金正恩氏はトランプ米大統領が朝鮮半島近海に航空母艦を派遣した2017年の緊張については、このような振り返り方はしていない。

 金正恩氏は、屈辱的な「敗北」を喫した8月危機を教訓とし、核兵器の戦力化を急ぐことを決断したようだ。
 その号砲となったのが、2016年1月6日に行われた4回目の核実験であり、同年から2017年11月にかけては実に40発もの弾道ミサイルの発射実験を行った。

 その結果、遂に米国を射程に捉える
   大陸間弾道ミサイル(ICBM)
を完成の域に到達させたものの、この試みは北朝鮮にとってきわめて危険な環境を作り出した。

 まず、国内で発射実験が行われないまま実戦配備した
   「ムスダン(火星10号)」
の打ち上げでことごとく失敗(1回のみ成功)した。

 見せかけだけの脅威であったことが露呈し、軍事力の空白が生じた。
 また、打ち上げの失敗時には事故も多発し、少なからず死傷者が出たと見られている。

 そして、ミサイル試射の現場で陣頭指揮を取った
   金正恩氏
は、偵察衛星に監視されるままその身を危険にさらしていたこととなる。

 金正恩氏の動きが事前に察知され、米軍の
   ステルス戦闘機 など
の急襲を受ける可能性があり、無力化して排除する事もできた。

 そうした過程を経てICBMを完成させたうえトランプ米大統領(当時)との史上初の米朝首脳会談を実現させた金正恩氏は得意満面となった。

 ただ、使えない核兵器の保有では使うと同時に北朝鮮軍は壊滅し焦土化するリスクがある。
 核兵器の威力をもって世界の注目を浴びた金正恩氏には
   核兵器の放棄
を選択できる理由がない。

 2018年から翌年にかけて、韓国の左翼政権を率いる
   文在寅大統領の工作
が奏効して金正恩氏はトランプ氏と繰り返し会談しながら、核開発や長距離ミサイルの性能向上を図る動きを続けているとの情報があったため、両国から何ら支援を得ることに失敗している。

 北朝鮮が経済的な困難に直面した際、金日成主席も金正日総書記も外遊に出て、中国やロシア(旧ソ連)から支援を取り付けてきた。
 ただ、金正日氏は南北首脳会談を行うことで、韓国からも大規模な経済協力を獲得した。

 金正恩氏は表面的には核兵器開発では祖父や父親を凌駕する「実績」を挙げたように見えるものの、経済的な利益の獲得では悲惨な結果が続いている。

 金正恩氏が「8月危機」の教訓に基づいて拍車をかけた核兵器開発は、北朝鮮にとって、より大きな危機を引き付ける要因になっており、中国やロシアへの核攻撃も可能となりつつある現状を見れば体制を壊す力が働きそうだ。


   
posted by まねきねこ at 04:22 | 愛知 ☀ | Comment(0) | コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中露艦艇10隻が大隅海峡も通過 列島を一周し東シナ海へ


  
 日本の防衛省統合幕僚監部は23日、津軽海峡を抜け太平洋を南下した中国とロシアの海軍艦艇計10隻が、鹿児島県の大隅半島と種子島の間の大隅海峡を通過し、東シナ海に入ったと発表した。

 中露が艦隊を組んで、日本列島をほぼ一周した形となる。

 防衛省は「極めて特異な行動」とみて警戒を強めるとともに、意図を分析している。
 防衛省が、中ロの艦艇が同時に大隅海峡を通過するのを確認したのは初めてのこと。

 防衛省は23日、ロシア・中国10隻編隊の最新の航行状況を発表し、津軽海峡を通過した後、21日に本州の伊豆諸島の須美寿島と鳥島の間の海域を西に航行し、22日午後1時頃、四国の高知県南方180キロの沖合で中露艦艇が発見され、鹿児島県南部の大隅海峡を通過して東シナ海に向けて西へ航行を続けたという。

  
ひとこと

 中国軍の台湾や日本への軍事侵攻を想定する動きのひとつだろう。


   
posted by まねきねこ at 02:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする