市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2021年12月02日

オミクロン株は新型コロナパンデミックの終焉が近いことを示唆している可能性


 米国のユダヤ系大手銀行持株会社JPモルガン・チェースのストラテジストのマルコ・コラノビッチ、ブラム・カプラン両氏は1日のリポートで新型コロナウイルスの
   新たな変異株「オミクロン」
の出現による最近の市場の波乱は、経済再開と商品取引における
   トレンド反転
に向けたポジションを組む好機かもしれないと指摘した。

 オミクロンは感染力がこれまでの変異株よりも強い可能性がある一方で、初期の報告によれば
   致死性は低い
ともみられている。

 こうしたことからオミクロン株は新型コロナパンデミックの終焉が近いことを示唆している可能性があり
   リスク資産
にとって最終的にプラスとなるかもしれないと分析した。

 両ストラテジストはオミクロンはイールドカーブのフラット化ではなくスティープ化、成長株からバリュー株へのローテーション、コロナ禍とロックダウンの恩恵を受ける銘柄の売り、経済再開テーマ銘柄の値上がりのきっかけとなる可能性があると分析予想した。

 こうしたセグメントの最近の売りは、シクリカル銘柄や商品、再開テーマの押し目買いと債券利回り上昇およびイールドカーブスティープ化を見込むポジション構築の好機だとみていると説明した。

 JPモルガンのストラテジストによると、これは重症度が低く感染力の強い株がより重症度の高い株を急速に駆逐するというウイルスの過去のパターンに適合していることから、オミクロンは新型コロナパンデミックを
   季節性のインフルエンザ
に近いものに変容させる可能性がある。

 このシナリオが実現するならば、世界保健機関(WHO)はこれを、2文字を飛ばしたオミクロンではなく、ギリシャ文字の最後であるオメガと命名してもよかったと両ストラテジストはコメントした。

    
posted by まねきねこ at 19:53 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

批判ありきの会議など出席する必要もない


  
 韓国原子力安全委員会は1日、先月30日から2日間の日程で
   第13回日中韓原子力安全上級規制者会合(TRM)
がオンライン形式で開催された。

 反日政策を最優先している韓国は日本政府が東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水の海洋放出を決定したことに対し遺憾の意を表明したと発表した。

 ただ、これまで世界各国の原子力関連施設は日本の原発事故前から処理水と同様にトリチウムを含む水を放出している。
 また、韓国・釜山(プサン)付近の月城(ウォルソン)原発は何ら処理すらしておらずトリチウム(三重水素)放出量が年間23兆ベクレルと日本の5400倍の発がん性物質放出しているが科学的かつ技術的な妥当性を検討すらしておらず、国際社会に説明することが先の話だろう。

 韓国の委員会は「海洋放出を国際社会が検証する必要性を強調し、TRMが共同で検証することを提案した」と説明したが天につばを吐き続けている愚かさだ。

 同様の行為は中国のポンコツ原子炉広東省台山市の台山原発でも同じだが、漏れても事故ではないなどと主張する厚顔さだ。

  
posted by まねきねこ at 06:17 | 愛知 ☀ | Comment(0) | コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワクチンの効果は? 感染力が強いオミクロン株 重症化の事例は色々あり特定はまだできていない

   
 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は新型コロナウイルスワクチンを米ファイザーと共同開発した独ビオンテックの
   サヒン最高経営責任者(CEO)
が11月30日、既存ワクチンは
   新変異株「オミクロン株」
の感染に伴う重症化を防ぐ可能性が高く、新型ワクチンは「おそらく必要ない」と述べたと伝えた。

 また、オミクロン株は接種済みの人にも感染するが、入院や集中治療が必要な重症に至る可能性は低いと主張したうえ、「行政は慌てることなく、3回目接種の計画を進めてほしい」と述べた。

 同社のワクチンには「2つの異なる防御層」があり、1つ目の防御層はウイルスの感染を防ぐ抗体をもたらし、2つ目は感染した細胞を攻撃するT細胞を動かす免疫システムをつくると続けた。

 ただ、オミクロン株をめぐっては、米モデルナのバンセルCEOが、既存ワクチンの有効性は大きく下がるとの見方を示していた。

 主要ワクチンメーカーの間で見解が分かれた形だ。


 こうした発言に対して、世界保健機関(WHO)の
   スワミナサン首席科学者
は30日、英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)に「結論を出すのは時期尚早だ」と指摘し、既存ワクチンの有効性の検証が終わるまで「数週間、我慢する必要がある」と語った。


 ワクチン接種による効果としてこれまで抗体は2回目接種後5カ月程度で弱まることが研究で分かっている。
 感染力の強いデルタ株よりも多様な変異を持つオミクロン株は「抗体を回避する可能性が高い」。
 他方で、2つ目の防御層である免疫システムを逃れた変異株はこれまでには存在せず、「オミクロン株も完全にT細胞の攻撃を避けるのは難しい」と指摘した。

 同社では約2週間をかけて、実験で既存ワクチンの有効性を確かめる方針。新型ワクチンが必要になった場合に出荷までにかかる時間は「約100日」といい、ファイザーのブーラCEOと同様の見通しを示した。

 1回接種型のワクチンを出荷する米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンも有効性の検証後、必要に応じて新型ワクチンの開発を続けるきとを明らかにした。


 ロイター通信は、英アストラゼネカとワクチンを共同開発した英オックスフォード大は30日、オミクロン株感染による重症化を既存ワクチンで防げないという「証拠はない」と指摘した。
 その上で、必要であれば、オミクロン株に対応した更新版のワクチンを迅速に開発する用意があると説明した。

 また、ロシアで国産ワクチン「スプートニクV」を開発したガマレヤ記念国立疫学・微生物学研究センターの
   ギンツブルク所長
は29日、露国営テレビの取材で「オミクロン株に対応するワクチンの開発を10日以内に完了させる」と表明した。

 露政府による承認作業も約1カ月半で終わるとの見通しを示した。
 このワクチンはスプートニクVを改良する形で開発するという。


ひとこと
 
 オミクロンへの対応はまだまだこれからだが、感染力が強いだけで重症化がしなければ慌てることもない。
 ただ、ワクチン接種を繰り返し実施することでより感染力を強める変異種を生み出し続けることが懸念される。
 
   
posted by まねきねこ at 06:05 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「極度の疲労」が特徴


 南アフリカで新型コロナウイルスの
   新変異株「オミクロン株」の感染者
を診察した医師が29日までに英国メディアの取材に応じ、これまでの新型コロナ患者とは異なり
   極度の疲労
を訴えていたことから新たな変異株の可能性を疑ったと公表した。

 南アフリカでは初めてオミクロン株を世界保健機関(WHO)に報告したが、中国政府の忖度するWHOは習近平の名前に近い名称候補を意図的に避けるためか、不都合な問題を起こしたくないとしてオミクロンとの名称をつけた。

 ただ、日本の新型インフルエンザ等対策有識者会議会長である独立行政法人地域医療機能推進機構理事長の尾身氏への配慮はない。

 医師は南ア医師会のアンジェリク・クッツェー会長によると、これまでに診察した二十数人の患者の約半数はワクチンを接種済みだったとのこと。
  

  
posted by まねきねこ at 05:30 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大規模攻勢に警戒が必要


 共産党の独裁政治が続く中国では幹部の横暴が続き醜聞を力で押さえつけ体制や自らの権力の維持拡大を目論むる
   習近平国家主席
は29日、西アフリカのセネガルで
   「中国アフリカ協力フォーラム」
の閣僚級会議を開幕、オンライン形式で出席し演説した。

 習氏はアフリカ諸国に対し、「水ワクチン」との蔑称もある効果の乏しい
   新型コロナウイルスワクチン
を新たに10億回分提供することを表明した。

 南アフリカで感染が確認された新型コロナの変異株オミクロン株が出現したのち各国が対応に追われる中、中国のソフト攻勢のひとつでもある「ワクチン外交」で独裁者による専制政治が多く見られるアフリカ諸国に存在感をアピールした。

 習氏は開会式の演説で、新たに提供する10億回分のワクチンについては、6億回分を無償提供、4億回分を
   中国企業
とアフリカの関係国で共同生産すると明らかにした。

 また、(軍に関係する)医療従事者と公衆衛生の専門家計1500人の派遣も表明するなど、アフリカ重視の姿勢を強調した。

 今後3年間の協力方針として示した
   「九項工程(九つのプロジェクト)」
には、(情報監視を目論む)衛星通信関連での協力や
   気候変動対策 など
を盛り込んだ。

 中国の赤い資本家が経営する企業のアフリカへの侵食を目論見、地域の分断などくさびを打ち込むため、中国が得意とする分野を積極的に展開させ、アフリカ諸国へ中国資本の進出により社会インフラの整備や地下資源の簒奪などを目論見、進出企業による公害の拡散で地域社会が環境汚染の被害を受け、意図的に反発を住民に起こさせて中国人との対立関係を産ませたのち、秩序回復を現地政府に要請した後、より強い暴動などで手が負えなくなった段階で自国民の保護名目で人民解放軍を進駐させるなどの謀略を画策し、アフリカへの影響力をさらに拡大していく狙いだ。

 中国と、中国と国交のあるアフリカ53カ国によるフォーラムは、3年ごとに中国とアフリカで交互に開催されている。

 習氏はこのフォーラムのほぼ全てのアフリカの国々が中国主導の(21世紀型植民地政策と揶揄される)巨大経済圏構想「一帯一路」に加わった主張し、中国とアフリカ諸国の結びつきを強調してみせた。

 また、中国はそれぞれの国の実情にあった発展の道を提唱し、途上国の権利と利益を保護することを約束し「内政干渉、人種差別、一方的な制裁に反対する」と中国内の少数民族への弾圧を意に介すこともなく空手形ともいえる話を並べたてた。

 このフォーラムに先立ち、中国政府は26日、対アフリカ協力に関する白書を発表した。

 2020年以降、アフリカ53カ国とアフリカ連合に対し、防護服やマスク、検査薬など120回にわたって医療物資を提供し、ワクチンもアフリカ50カ国を含む110を超える国と国際機関に17億回分以上提供したと成果を誇張した。


   
posted by まねきねこ at 05:05 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独裁国家の孤立化はより加速することだろう


  
 北朝鮮が新型コロナウイルスの
   新たな変異株「オミクロン株」
の拡大を警戒し、防疫政策を強めた。

 次期大統領への支援として左翼政権を率いる文在寅(ムン・ジェイン)大統領が目論む「終戦宣言」などの対北朝鮮構想にも影響を与える見通しだ。 


 北朝鮮労働党機関紙の労働新聞は28日、「アフリカ南部で危険な新たな変異株が急速に伝播」と題した記事で、「オミクロン株は表面のスパイク蛋白質の突然変異がデルタ株に比べて2倍も多く、さらに危険、致命的になった可能性がある」と報じた。

 続いて「新たな変異株が伝播することに多くの国が緊張しながら警戒心を強めている」と伝えた。

 また、朝鮮中央テレビも前日、オミクロンについて「ワクチンを無力化させる可能性がある新たな変異株」と紹介した。
 北朝鮮の住民が接する労働新聞、朝鮮中央テレビなど対内メディアを通じて警戒心を高めた。

 ワクチンの確保ができていない衛生水準の低い北朝鮮では最近、韓国をはじめとする
   世界の「ウィズコロナ」の動き
にも、資金を軍事分野に配分するため否定的な立場を表してきた。

 朝鮮中央放送は16日、「世界的大流行の伝染病の伝播状況がまた深刻になる」と指摘し「少なくない国と地域で防疫措置を早くから緩和したのが主な要因」と責任追求の如き批判を展開した。

 実際、過去2年間に南北および米朝対話の障害の一つが新型コロナであり、国境地帯に射殺令を出したと伝えられるなど新型コロナの浸透を阻止するために北朝鮮は物理的な封鎖を選択した。

 今年に入って世界的にワクチン接種率が高まり、北朝鮮も自発的孤立による経済難が深刻化する中、朝中間の貿易再開の兆候が何度か表れてはいた。

 しかしそのたびに新型コロナ感染が再拡大し、足かせとなった。
 7月にも労働新聞はデルタ株について「国の防疫戦線をさらに徹底的に守るべき必要性を改めて自覚させている」と強調した。


  
posted by まねきねこ at 05:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする