市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2024年07月10日

フィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments) 米国の多国籍金融サービス企業 運用資産 4.9兆米ドル(2023年)

       (Fidelity Investments)
 フィデリティ・インベストメンツ(旧称フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ(FMR))は、マサチューセッツ州ボストンに本拠を置く米国の多国籍金融サービス企業で1946年に設立され、運用資産4.9兆ドルを誇る世界最大級の資産運用会社。
 2023年12月現在、管理資産は12.6兆ドルに達している。
 フィデリティ・インベストメンツは証券会社を運営し、多数の投資信託を管理し、ファンド分配や投資アドバイス、退職サービス、インデックスファンド、資産管理、証券執行・決済、資産保管、生命保険を提供している。
 フィデリティ・インベストメンツは2018年6月29日現在、
の筆頭株主である(FMR 3.98%, Fidelity Contrafund Inc 2.87%)。

 収益 282億米ドル(2023年)
 営業利益 85億米ドル (2023年)
 運用資産 4.9兆米ドル(2023年)
 
 所有者
  ・アビゲイル・ジョンソンとその家族(49%)
  ・現従業員および元従業員(51%)
 就業者数 74,000人(2023年)
 
 「フィデリティ・ファンド」は
の下でフィデリティ・インベストメンツとなり、1930年5月1日にマサチューセッツ州で法人化された。
 大恐慌の間、 1930年に銀行が広範囲に破綻した。
 このため、マサチューセッツ州の証券部長
   ジョン・C・ハル
が任期中に承認した唯一のファンドが「フィデリティ・ファンド」であった。
 1946年に企業構造が変更され、現在は
   フィデリティ・マネジメント&リサーチ(FMR )
として知られている。
 同社は米国以外の市場にサービスを提供するため1969年に
   フィデリティ・インターナショナル・リミテッド(FIL)
を設立し、その後1980年に従業員所有の独立企業として分社化した。
 1982年、FMR社は401(k)商品の提供を開始した。
 1984年には、コンピューターによる株式取引を提供した。
 1997年にロバート・ポーゼンがCEOに任命された。

 2001年、 FMRの投資戦略の運営と育成を目的として
を設立し、2003年に独立企業として分社化した。
 2003年に同社はフィデリティ・ナスダック総合指数トラッキング株式ファンド(ONEQ)と呼ばれる最初のETFを立ち上げている。
 2010年にベンチャーキャピタル部門である
   フィデリティ・ベンチャーズ
を閉鎖し、従業員の多くがボリション・キャピタルを設立した。
 2011年、フィデリティは国際部門の名称をフィデリティ・インターナショナルから
   フィデリティ・ワールドワイド・インベストメント
に変更し、新しいロゴを導入した。
 2012年に同社はボストン本社をサマーストリート245番地に移転した。

 2014年、アビゲイル・ジョンソンはフィデリティ・インベストメンツ(FMR)の社長兼CEO、フィデリティ・インターナショナル(FIL)の会長に就任した。
 2018年、フィデリティは機関投資家向けの
   暗号資産保管
   暗号通貨取引
に特化した独立した組織を設立した。
 2019年5月、同社は近々機関投資家向けに暗号通貨取引を提供する予定であると報じられた。
 同社は2019年10月に、機関投資家向けの暗号通貨の保管と取引執行を取り扱う
   フィデリティ・デジタル・アセット・サービス
を立ち上げた。
 その後、2021年3月にフィデリティはSECにビットコインETFの導入を申請した。

 フィデリティの運用資産は2019年に26%増加して過去最高の3.2兆ドルに達した。
 また、収益は209億ドル、営業利益は69億ドルに増加した。

 フィデリティは2020年1月末、端株所有とマイクロ投資を活用したい投資家向けのプログラム
   「Stocks By The Slice」
を立ち上げた。
 マイクロ投資とは、特に投資資金があまりない人や投資初心者にとって、投資を定期的かつアクセスしやすく、手頃な価格にすることを目的とした投資戦略の一種。

 2021年3月、FMRの営業利益は4.6%増加した。
 2021年8月、フィデリティは2021年に16,000人の従業員を雇用する計画を発表した。
 そのうち9,000人は下半期に雇用される予定であった。

 2022年4月、フィデリティ・インベストメンツは、年半ばまでに401(k)プランでビットコインを投資オプションとして提供し始めると発表した。
 CNNは、同社が退職貯蓄者向けの投資として暗号通貨を提供する最初の大手401(k)プロバイダーでもあると伝えた。
 ただし、このオプションは、現時点では、雇用主がプランにビットコインを含めることを選択した参加者にのみ提供される。 

 2023年6月、フィデリティは米国証券取引委員会(SEC)にスポットビットコイン 上場投資信託(ETF)の立ち上げを申請した。
 2023年11月には、SECにスポットイーサリアムETFの立ち上げを再度申請した。
 ビットコインファンドは承認され、2024年1月11日に立ち上げられた。
  
 フィデリティ・インベストメンツは大手証券会社を運営し、全米140か所以上に投資家センターを構えている。
 子会社のナショナル・ファイナンシャル・サービスLLCを通じて、フィデリティ・インベストメンツは、ブローカーディーラー、機関投資会社、銀行、信託、ファミリーオフィス、登録投資顧問に、証券決済、バックオフィスサポート、金融サービス会社向けのソフトウェア製品スイートなどのサービスを提供している。
 ナショナル・ファイナンシャルは、2010年9月30日現在、430万口座で4,430億ドル以上の資産を管理してた。
 2023年までに、同社は4,500万以上の証券口座を保有し、運用資産は4.5兆ドル以上、運用資産残高は12兆ドル近くに上る。

 フィデリティ・インターナショナル(FIL)は、独自の投資部門であるエイト・ローズも運営している。
 これは、中国、日本、インド、シンガポール、英国に100人以上の投資専門家を擁するグローバルプラットフォーム。
 2018年、エイト・ローズは新たな欧州ファンドを立ち上げた。
 2019年6月、フィデリティはエイト・ローズを中核事業から分離する可能性があると発表した。
 
 フィデリティ・インベストメンツのオーナーやその他の主要リーダーに代わって運営されている民間ベンチャーキャピタル会社、F-プライム・キャピタル・パートナーズは、フィデリティ・インベストメンツの公的ファンドと直接競合していると言われている。

 2016年のロイターの調査では、F-プライム・キャピタル・パートナーズがフィデリティ・インベストメンツの何分の一かの価格で投資できた複数の事例が判明した。
 SECの規制により、F-プライム・キャピタル・パートナーズの投資により、フィデリティは同様の早期投資を行うことができない。
 調査では、この競争により、フィデリティは投資を遅らせ、F-プライム・キャピタル・パートナーズよりもはるかに高い価格で投資せざるを得なくなり、その結果、フィデリティのファンドの株主のリターンが低くなると説明している。

 この慣行は違法ではないが、明らかに企業の利益相反を引き起こすとコーポレートガバナンスの専門家らは述べている。
 なお、フィデリティの広報担当者は、すべての法律と規制に従っていると述べた。

 ロイターの調査では、新興企業が株式公開された後、フィデリティ・インベストメンツがF-プライム・キャピタルの企業の最大投資家の1つとなったケース(10件中)が6件記録されている。
 法律および学術の専門家は、フィデリティの投資信託による大規模な投資は、市場を動かす購買力があり、F-プライム・キャピタルの投資価値を支え、フィデリティの関係者に利益をもたらす可能性があると述べた。 

 2007年2月、金融取引業規制機構( NASD)の一部門であるNASDは、登録、監督、電子メール保存に関する違反の疑いで、FMR傘下の証券会社4社に375万ドルの罰金を科した。
 証券会社は容疑を認めることも否認することもせずに和解している。

 2004年、フィデリティ・ブローカーズは、 2001年1月から2002年7月の間に88支店のうち21支店で従業員が文書を改ざんまたは破棄したとして米国証券取引委員会から告発された訴訟を和解するために200万ドルを支払った。
 フィデリティは連邦規制に準拠していることを確認するために毎年内部検査を行っている。
 経営陣は支店の従業員に完璧な検査を行うよう圧力をかけ、検査の通知を行ったと非難された。
 少なくとも62人の従業員が新規口座の申込書、委任状、変額年金のフォームなど支店で保管されている不適切な可能性のある文書を破棄または改ざんしたとされている。
 
 2007年5月、NASDは、主に米軍関係者に販売されていたフィデリティのデスティニーIおよびIIシステマティック投資プランを宣伝する誤解を招く販売資料を作成および配布したとして、フィデリティのブローカーディーラー2社に40万ドルの罰金を科した。
 この和解の一環として、FMRの関連会社は、既存のデスティニープランへの投資を増やしたいデスティニープラン保有者に対し、追加の販売手数料を支払うことなく、基礎となるファンドの追加株式をデスティニープラン外で購入できることを通知することが義務付けられた。
 
 創業者のジョンソン家は、個人およびさまざまな信託を通じて、FMRの議決権の49%に相当する株式を所有しており、すべての株式をグループとして投票することを約束する契約に署名している。
 エドワード・ジョンソン3世がグループの会長を務めていましたが、娘のアビゲイル・ジョンソンが後任となった。
 アビゲイルはかつて約25%の所有権を持つ最大の単独株主であった。
 2005年10月に、彼女が「かなりの」株式を家族信託に売却し、彼女がまだ父親の後継者になるかどうか疑問視されていると報じられた。
 なお、アビゲイルは2014年にCEOに任命され、2016年に会長に任命された。
 
 残りの51%の株式の大部分は、ピーター・リンチなどのファンドマネージャーや元マネージャーを含むフィデリティの従業員や元従業員によって保有されている。 

    
posted by まねきねこ at 13:55 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイクロソフトが中国スタッフに安全性理由にiPhone使用を指示

 米国マイクロソフトは中国の従業員に対し、9月から業務で使用可能なスマートフォンを米アップルの「iPhone(アイフォーン)」に限定すると通知した。
 アルファベット傘下のグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した端末を事実上、職場から締め出すことになる措置でもあると見られている。

 なお、アップルの社内文書によれば、マイクロソフトは近く
   業務で使用
するコンピューターや携帯電話にログインする際の
   本人確認
アップルの端末でのみ行うよう中国在勤の従業員に義務付ける。
 これはマイクロソフトによる世界的な安全性対策の一環で、中国本土の従業員数百人が対象となる。

 アップルのアプリストア「アップストア」とは異なり、中国ではグーグルの「グーグルプレイ」が利用できない。
 このため、華為技術(ファーウェイ)や小米(シャオミ)といった中国メーカーは独自のプラットフォームを運営している。

 同文書によれば、マイクロソフトはこれらメーカーの端末からの
   社内情報へのアクセスをブロック
すると決め、中国内で
   グーグルのモバイルサービスが利用できないこと
を理由に挙げた。

 ファーウェイや小米などのアンドロイド端末を利用している従業員には、代わりにiPhone15を支給するという。
 ニューヨーク時間8日早朝の時間外取引では、マイクロソフトアップルは小幅高、アルファベットはやや下落している。
 なお、8日の香港市場で小米は約1%安となった。

 マイクロソフトは今回の決定について公式には明らかにしていない。

 米中の「地政学的な対立」が続く中で、中国でのアイフォーンを巡る状況は
   敏感な問題
となっており、あらためて注目を集める可能性がある。
 中国では昨年以降、
   安全上の懸念
を理由に外国製端末を職場に持ち込まないよう従業員に指示する政府系の企業や機関が増えている。   
   
 
ひとこと
 中国公安部門の情報収集活動の規模や能力を考えれば情報の保護などを含めて当然の対応だ。
 情報端末としての機能に周辺機器からの情報収集を行うための機能が含まれ、常に中国公安部門等の監視の中にあるリスクを認識していく必要がある。
 逆に何も対応できていない日本企業の社員等はすべて監視下に入っており、有事には身柄が拘束され、中国のスパイ法の取り調べを受け、拷問等で捏造された自白を強要されて国家反逆罪などで死刑等もありえるのは香港の自由主義派や台湾人への工作活動でを見れば理解できる話しだ。
   
   
posted by まねきねこ at 10:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パウエルFRB議長、雇用市場のリスクを指摘するも利下げ時期のヒントは与えず

 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   パウエル議長
は9日、米国議会上院銀行委員会の公聴会で議員の質疑に応答した。
 答弁では「利下げのタイムライン」を示すことは明らかにすることなく、雇用市場冷え込みの兆候が増えていると強調した。
 インフレ減速の証拠を
   さらに確認したい
と述べつつ、高金利が労働市場に及ぼし得るリスクが当局者の間でますます懸念されていると続けた。
 
 また、「われわれが直面するリスクは高止まりするインフレだけではない」と指摘したうえ「最新のデータは労働市場の状況が2年前に比べて著しく冷え込んだことを示した。過去2つの統計が発表されるまで、このような発言はしなかっただろう」と説明した。


 パウエル議長は半期に一度の議会証言に臨んだが、事前に配布された原稿では、議長は利下げが少な過ぎる、ないしは遅過ぎた場合、経済と労働市場をリスクにさらす恐れがあると語っており、対応の遅れがあった場合のリスクについて認識していると記述している。

 答弁では「さらなる良好なデータ」が見られれば、インフレ率が当局の2%目標に向けて低下しているという確信が強まると議長は発言した。
 また最近のデータはインフレ面での「さらなる緩やかな進展」を示しているとも語った。

 「政策引き締めの緩和が遅過ぎたり、少な過ぎたりした場合、経済活動と雇用を不当に弱める恐れがある」とパウエル氏は述べた一方で、利下げが早過ぎたり、多過ぎたりした場合は、インフレ面での進展が失速または反転しかねないとも説明した。

 パウエル議長の発言が報じられた後、外国為替市場では円がドルに対して下げ幅を拡大し、一時1ドル=161円52銭を付けた。

 議長は「さらなる良好なデータが見られれば、インフレ率が2%へ持続的に低下しているという確信が強まる」と語った。
 なお、パウエル氏は10日には下院金融委員会の公聴会でも証言する。

 パウエル議長の発言は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が7月30−31日の会合で利下げに動く可能性が低いことを示唆したものだ。

 市場では、9月に初回利下げが実施される確率が70%強となっている。
 年内については0.25ポイントの利下げが2回あるとの織り込みだ。

 パウエル議長はデータが正当化する場合は利上げもあり得ると述べており、「インフレ面でさらなる進展を遂げ、労働市場が強さを維持する中、適切なタイミングで政策緩和を始めるというのが方向性として可能性が高いように思われる」と語り、金融市場への過度な動きを牽制した。

 米国の労働市場については「完全にバランスを取り戻したもようだ」と述べ、最近のデータは「労働市場の状況がかなり冷え込んできたという非常に明確なシグナル」を送っていると説明した。

 また、労働市場は「強いが過熱してはいない」とし、FOMCの
   景気抑制的なスタンス
が機能し、
   需給バランスは改善している
と自画自賛する金融政策の成果ともいえる言葉を付け加えた。

  
posted by まねきねこ at 09:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォード・モーター・カンパニー(Ford Motor Company) 米国ミシガン州ディアボーンに本社を置く多国籍自動車メーカー

       (Ford Motor Company)
 フォード・モーター・カンパニー(通称フォード)は、米国ミシガン州ディアボーンに本社を置く多国籍自動車メーカー。
 ヘンリー・フォードによって設立され、1903年6月16日に法人化された。
 フォードブランドで乗用車や商用車を、リンカーンブランドで高級車を販売している。
 ニューヨーク証券取引所に上場し、フォード家が経営している。
 フォード家は少数株主ではあるが、特定優先株式を保持することで議決権の過半数を握っている。 

 収益 1,762億米ドル(2023年)
 営業利益 54.6億米ドル(2023年)
 純利益 43.3億米ドル(2023年)
 総資産 2,733億米ドル(2023年)
 就業者数 177,000人(2023年)
 
 フォードは、移動式組立ラインに代表される精巧に設計された製造シーケンスを使用して、自動車の
   大規模製造
   大規模な産業労働力の管理の方法
を導入した。
 1914年までに、これらの方法は世界中でフォーディズムとして知られるようになった。
 フォードが1989年と2000年に買収した英国の元子会社
   ジャガーとランドローバー
は、2008年3月にインドの自動車メーカー
   タタ・モーターズ
に売却された。
 また、フォードは1999年から2010年までスウェーデンの自動車メーカー、ボルボを所有していた。
 2010年第3四半期に、フォードは1938年以来米国、カナダ、メキシコ、中東で高級車を販売してきた
   マーキュリーブランド
を廃止した。
 フォードは、2022年の自動車生産台数でゼネラルモーターズに次ぐ米国第2位の自動車メーカー。
 トヨタ、フォルクスワーゲングループ、ヒュンダイモーターグループ、ステランティス、ゼネラルモーターズに次ぐ世界第6位の自動車メーカーである。
 同社は1956年に株式を公開したが、フォード家は
   特別なクラスB株
を通じて議決権の40%を保持している。
 2007年から2008年の金融危機の間、同社は財政的に苦戦したが、他の2つの米国自動車メーカーとは異なり、連邦政府による救済を受ける必要はなかった。
 フォード・モーターズはその後黒字に回復した。
 2017年の世界収益1567億ドルに基づき、 2018年のフォーチュン500リストで米国を拠点とする企業全体で11位にランクされた。
  同社は中国(長安フォード)、台湾(フォード・リオホー)、タイ(オートアライアンス・タイランド)、トルコ(フォード・オトサン)で合弁事業を行っている。
 なお、フォードは中国の江鈴汽車の株式の32%を所有している。

 創設者ヘンリー・フォードは2度自動車会社を設立したが経営に苦しみ倒産しており、2度目の会社が
   フォード・モーター・カンパニー
という名前で1901年11月3日に設立したが、倒産させ、フォードが社名の権利を持って同社を去った後、1902年8月22日に
   キャデラック・モーター・カンパニー
となった。

 1903年、フォード・モーター・カンパニーは改造された工場で、12人の投資家から2万8千ドル(2023年時点で95万ドルに相当する)の現金で設立された。
 投資家の中で最も有名なのは、後に
   ダッジ・ブラザーズ・モーター・ビークル・カンパニー
を設立したジョンとホレス・ダッジである。

 新設のフォード・モーター・カンパニーの初代社長はフォードではなく、地元の銀行家
   ジョン・S・グレイ
が就任した。
 グレイが選ばれたのは、フォードが前身の会社を逃げ出したのと同じように新会社を捨てるのではないかという投資家の懸念を和らげるためだった。
 創業当初、同社はミシガン州デトロイトのマック・アベニューの工場で、その後、ピケット・アベニューの工場で、1日にわずか数台の自動車を生産していた。
 2、3人の男性が1グループとなり、主にフォードと契約している
   サプライヤー企業
が製造した部品から自動車を組み立てるいわゆるノックダウン生産であった。
 10年以内に、同社は組立ラインのコンセプトの拡張と改良で世界をリードした。
 すぐに垂直統合によって部品生産の多くを社内で行うようになった。

 ヘンリー・フォードは、世界最大かつ最も収益性の高い企業の一つとなったフォード・モーター社を設立した時、39歳であった。
 同社は100年以上にわたり家族経営を続けており、世界最大の家族経営企業の一つとなっている。

 1903年から1908年にかけて、フォードはモデルA、B、C、F、K、N、R、Sを生産した。
 これらのほとんどが年間数百から数千台販売された。
 1908年にフォードは量産型のモデルTを発表し、20年近くで合計数百万台を販売した。
 1927年にフォードはTをモデルAに置き換えた。
 これはフロントガラスに安全ガラスを備えた最初の車となった。
 フォードは1932年にV8エンジンを搭載した最初の低価格車を発売した。

 フォードは、ゼネラルモーターズの中価格帯のポンティアック、オールズモビル、ビュイックに対抗すべく、1939年にフォードのよ​​り高価なコンパニオンカーとしてマーキュリーを開発した。
 ヘンリー・フォードは、自動車市場の高級セグメントでキャデラックやパッカードなどのブランドと競争するために、1922年に
   リンカーン・モーター・カンパニー
を買収した。

 1929年、フォードはソ連政府からロシアにゴーリキー自動車工場を設立する契約を締結した。
 当初はフォード モデルAとAAを生産し、それによってロシアの工業化、ひいては第二次世界大戦中のソ連の戦争努力において重要な役割を果たした。
 そのため、1944年にスターリンは米国商工会議所に宛てた手紙の中で、ヘンリー・フォードは「世界で最も偉大な実業家の一人」であると述べた。 
 第二次世界大戦中、米陸軍省はウィローラン組立工場で
   コンソリデーテッドB-24リベレーター爆撃機
を大量生産するためにフォードを選んだ。
 ドイツとフランスのフォード子会社であるフォードヴェルケとフォードSAFは、ナチスドイツの戦争活動のために軍用車両やその他の装備を生産した。
 当時、フォードのドイツでの事業の一部はユダヤ人等を使った強制労働によって運営されていた。

 1951年にミシガン州ディアボーンに科学研究所が設立され、自由な基礎研究が行われたことが、フォードが超伝​​導研究に関わるきっかけとなった。1964年、フォード研究所は超伝導量子干渉装置( SQUID)の発明で重要な進歩を遂げた。

 フォードは1956年からライフガード安全パッケージを提供し、これには標準のディープディッシュステアリングホイール、オプションの前部および後部シートベルト(自動車では初)、オプションのパッド付きダッシュボードなどの革新が含まれた。
 フォードは1957年に製品にチャイルドプルーフドアロックを導入し、同じ年に量産された6人乗り車に初の格納式ハードトップを提供しました。
 1955年後半、フォードは独立した高級車部門としてコンチネンタル部門を設立した。
 この部門は有名なコンチネンタル マーク IIの製造と販売を担当した。
 同時に、 1958年モデルからその車の設計と販売を行うエドセル部門が設立された。
 コンチネンタルの販売台数が限られ、エドセルが大失敗したため、フォードはマーキュリー、エドセル、リンカーンを「MEL」に統合した。
 1959年11月のエドセルの消滅後、「リンカーン・マーキュリー」に戻った。

 1964年のニューヨーク万国博覧会でフォード マスタング が発表されました。
 フォード・マスタングは1964年4月17日、1964年のニューヨーク万国博覧会で発表された。
 この博覧会には
   ウォルト・ディズニー・カンパニー
が製作したフォードのパビリオンが出展された。
 1965年、フォードはシートベルトリマインダーライトを導入した。

 1980年代、フォードは世界中で大成功を収めた自動車をいくつか発表した。
 1990年と1994年には、それぞれジャガー・カーズとアストン・マーティンも買収した。
 1990年代半ばから後半にかけて、株価が高騰し燃料価格が低迷した好景気のアメリカ経済の中で、フォードは大量の自動車を販売し続けた。

 2005年までに、フォードとGMの社債はともにジャンク債に格下げされた。
 これは、高齢化する労働者に対する米国の医療費の高騰、ガソリン価格の高騰、市場シェアの低下、SUV販売の減少への過度の依存の結果である。
 需要の減少を補うために「インセンティブ」(リベートや低金利融資の形態)が増加した。
 このため、大型車の利益率は低下した。
 2005年後半、ビル・フォード会長は、新たに任命されたフォード・アメリカス部門社長マーク・フィールズに、会社を黒字に戻す計画を策定するよう依頼した。
 フィールズは2005年12月7日の取締役会で「The Way Forward 」と名付けられた計画をプレビューし、2006年1月23日に公開された。「The Way Forward」には、市場の現実に合わせて会社規模を変更すること、一部の不採算で非効率的なモデルを廃止すること、生産ラインを統合すること、14の工場を閉鎖し、3万人の雇用を削減することが含まれていた。
  
 ヘンリー・フォードの曾孫である
   ウィリアム・クレイ・フォード・ジュニア
は、フォード・モーター社の 取締役会会長を務めている。
 ヘンリー・フォードの曾孫で、ニックネーム「ビル」で知られる
   ウィリアム・クレイ・フォード・ジュニア
は、1998年に取締役会長に任命され、2001年にジャック・ナセルの退任に伴い最高経営責任者にも就任した。
 叔父のヘンリー・フォード2世が1982年に引退して以来、フォード家出身で初めて同社を率いる人物となった。
  
 2017年1月3日、フォードのCEO
   マーク・フィールズ
は、ドナルド・トランプ次期大統領 の働きかけもあり企業に有利な環境が醸成されたことを受けて「信任投票」を行い、フォードはフォーカスを製造するメキシコの新工場に16億ドルを投資する計画を中止したと発表した。
 代わりにミシガン州に7億ドルを投資し、700人の新規雇用を創出する予定とした。
 フォーカスは今後、メキシコの既存工場で製造される。
  
 2020年3月、デトロイト自動車労働組合は、ゼネラルモーターズ、フォード、フィアットクライスラーオートモービルズの幹部と協議した結果、自動車メーカー各社はCOVID-19のパンデミックを緩和するために、工場を「ローテーション」方式で部分的に閉鎖すると発表した。
  3月24日、フォードの代表者は、コロナウイルスのパンデミックがさらに拡大する中、米国、カナダ、メキシコでの生産は当初の計画通り3月30日に再開されないと発表した。
 2020年第1四半期、フォードの売上は15%減少し、20億ドルの損失をもたらした。

 2021年4月、フォードは従業員にCOVID-19ワクチンを提供し、従業員は社内でワクチン接種を受けると発表した。
 当初、ワクチン接種プログラムはミシガン州南東部、ミズーリ州、オハイオ州で実施される予定だった。
 後に他の地域にも拡大される予定だった。

 2022年3月、フォードは会社を3つの独立した部門に再編すると発表した。
 フォードモデルEは電気自動車に、フォードブルーは内燃機関車に、そして既存の商用車部門はフォードプロとしてブランド名を変更し、車両の流通とサービスに重点を置く予定である。
 022年8月、フォードは以前の報道を認め、約3,000人の従業員と契約労働者の解雇を計画していると発表した。
 この削減は主に米国、カナダ、インドの部門に影響し、ジム・ファーリーは、同社は電気自動車やソフトウェア重視の自動車の将来に備えることができると述べた。 
 2023年4月、英国の大臣らはフォードのブルークルーズ技術を承認した。この運転支援技術により、フォードのドライバーは特定の道路で合法的にハンドルから手を離すことができるようになった。
 最高速度は時速129キロ(時速80マイル)。 
 2023年3月現在のフォード取締役会のメンバーは、ウィリアム・クレイ・フォード・ジュニア(取締役会長)、ジム・ファーリー(社長兼CEO)、キンバリー・カシアーノ、アレクサンドラ・フォード・イングリッシュ(ウィリアム・クレイ・フォード・ジュニアの娘)、ヘンリー・フォード3世(エドセル・フォード2世の息子)、ウィリアム・W・ヘルマン4世、ジョン・ハンツマン・ジュニア、ウィリアム・E・ケナード、ジョン・C・メイ、ベス・E・ムーニー、ジョン・L・ソーントン、ジョン・ベイメイヤー、リン・ヴォイヴォディッチ・ラダコビッチ、ジョン・S・ワインバーグである。

 フォードは主に機関投資家によって所有(株式の約60%)されている。
(2023年12月の最大株主)
 ・ヴァンガードグループ(8.71%)
 ・ブラックロック(7.20%)
 ・ステートストリートコーポレーション(4.46%)
 ・ニューポート・トラスト(3.98%)
 ・チャールズ・シュワブ・コーポレーション(2.25%)
 ・ジオード・キャピタル・マネジメント(1.94%)
 ・フィッシャー・インベストメンツ(1.52%)
 ・モルガン・スタンレー(1.31%)
 ・ノルウェー銀行(1.00%)
 ・ノーザントラスト(0.94%)
 
 フォード慈善事業は、以前はフォードモーターカンパニー基金(フォード基金としても知られ、フォード財団とは関係ありません)として知られる。
 1949年にヘンリーフォード2世によって設立された。
 この組織は、フォードモーターカンパニーからの寄付によって運営される非営利の法人財団で、2017年には、教育、安全運転、コミュニティ構築に焦点を当てたさまざまな目的[86]に6,300万ドルを寄付した。
  
   
posted by まねきねこ at 08:49 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場にあふれる豊富な資金が利益を求め金の購入に向かっている?

 ニューヨーク金相場は小反発した。
 パウエルFRB議長の議会証言直後は堅調を維持した。

 中央銀行による金購入が市場の関心を集めている。
 ウズベキスタンとセルビア、チェコの中銀は金準備を拡大しており、金は中欧や東欧諸国で人気を高めている。
 地政学的な波乱から自国経済を守る手段として、一部の国で認識されている。

 投資家は11日の米CPIに注目している。
 来週に中国共産党が開催する中央委員会第3回総会(3中総会)も、今後の消費を左右しかねないとして関心を集めている。

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は同4.40ドル(0.2%)上昇し2367.90ドルで引けた。

    
posted by まねきねこ at 07:35 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジワリスタグフレーションの足音が聞こえるが、何も対応できていない動かない日銀の存在価値はない

 外国為替市場では米ドルが堅調に推移した。
 パウエル議長の証言後には、米国債利回りが上昇する中でドルも一時上げを拡大し、日銀の対応が出来ていない円は下落が続いた。
 朝方から軟調な展開だったが、パウエル議長証言後に下げを拡大させている。
 一時1ドル=161円52銭を付けたがその後はやや下げ渋る展開となり、ニューヨーク時間午後は161円台前半で推移した。
   
  
posted by まねきねこ at 07:28 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CVSヘルス(CVS Health) 米国ののヘルスケア企業

 (CVS Health CVS Health Corporation、CVS Corporation and CVS Caremark Corporation)
 CVSヘルスは米国の小売薬局チェーンの
   CVSファーマシー
薬局給付管理会社の
   CVSケアマーク
健康保険プロバイダーの
   アエトナ など
数多くのブランドを所有するアメリカのヘルスケア企業。
 同社はユナイテッドヘルス・グループに次ぐ世界第2位のヘルスケア企業である。
 2023年、同社はフォーブス・グローバル2000で64位にランクされた。
  
 拠点数 9,395 (2023年)
 
 収益 3,578億米ドル(2023年)
 営業利益 137.4億米ドル(2023年)
 純利益 83億4,400万米ドル(2023年)
 総資産  2,497億米ドル(2023年)
 就業者数 約 30万人(2023年)
 
 子会社
 ・CVS PharmacyMinuteClinic
 ・CVS CaremarkLongs
 ・DrugsNavarro
 ・Discount Pharmacies
 ・Omnicare
 ・Aetna
 ・Oak Street Health

 1963年、米国マサチューセッツ州ローウェルでスタンリーとシドニーのゴールドスタイン兄弟とパートナーの
   ラルフ・ホーグランド
によって設立された。
 (会社の名前は、Consumer Value Stores(消費者価値店舗)の略)

 健康・美容製品を販売する最初の
   コンシューマーバリューストア(CVS)
は、1963年にマサチューセッツ州ローウェルで、
   スタンリー・ゴールドスタイン
   シドニー・ゴールドスタイン
の兄弟、および
   ラルフ・ホーグランド
によって設立された。

 1964年までに、CVSは主に美容製品を販売する17店舗を展開した。
 1967年、CVSはロードアイランド州ワーウィックとロードアイランド州カンバーランドに薬局部門を備えた最初の店舗をオープンした。
 このCVSは1969年にメルヴィルコーポレーションに売却された。

 1970年までにCVSはニューイングランドと北東部で100店舗を運営していた。
 1972年にCVSは84のクリントンドラッグアンドディスカウントストアを買収した。
 この買収によりCVSはインディアナ州に店舗を構え、中西部に進出した。
 1977年、CVSはニュージャージー州に本拠を置くマックドラッグの店舗36店を買収した。
 
 1983年に血友病患者の在宅医療が開始される。
 1988年にCVSはボストン地域の小さな薬局会社
   ハートランドドラッグ
を買収し、ウォータータウンスクエアやハーバードスクエアを含むボストンメトロに店舗を展開した。
 
 1990年はCVSはピープルズドラッグストア500店を買収し、ワシントンDC、ペンシルベニア、メリーランド、バージニアを含む中部大西洋岸の新たな市場に進出した。
 1994年にCVSは薬局給付管理(PBM)会社
   PharmaCare
を設立した。
 1996年にCVSコーポレーションはニューヨーク証券取引所で「CVS」のティッカーシンボルで取引される独立企業となった。
 また、スタンリー・ゴールドスタインが同社の初代会長に就任した。
 
 1997年にCVSは2,500店以上の
   Revcoドラッグストア
を買収し、中西部、南東部、東部の各州に会社を設立した。
 1998年にCVSはアーバードラッグスから207店舗を買収し、ミシガン州に最初の店舗をオープンした。
 1999年にCVSは初のオンライン薬局である
   Soma.com
を買収し、CVS.comに改名して、消費者に提供する初の完全に統合されたオンラインおよび実店舗の薬局となった。
 
 2000年にCVSはベルゲン・ブランズウィッグ・コーポレーションから
   シュタットレンダー薬局
を買収し、CVSプロケアは当時アメリカ最大の専門薬局となった。
 2001年にCVS/pharmacyはExtraCareロイヤルティカードプログラムを開始した。
 1年以内に3,000 万人の顧客が登録し、特典を獲得したり割引を受けたりした。
 
 2004年にCVSはJCPenneyから1,268の
   Eckerdドラッグストア
とEckerdのPBM/通信販売薬局事業である
   Eckerd Health Services
を買収した。
 この買収により、同社のテキサス州、フロリダ州、その他の南部諸州での事業範囲が拡大した。
 
 2006年にCVSはスーパーマーケットチェーンの
   アルバートソンズ
の独立系ドラッグストア700店舗を買収した。
 これにはオスコドラッグとサブオンドラッグのブランドで営業している店舗も含まれている。
 
 2006年にCVSはミネアポリスに本拠を置く
   MinuteClinic
を買収し、CVSコーポレーションの完全子会社とした。
 2007年にCVSコーポレーションとCaremark Rx, Inc.が変革的な合併を完了し、統合薬局サービスプロバイダーである
   CVS Caremark
が設立され、本社はロードアイランド州ウーンソケットに留まった。
 CVSの会長兼CEOであるトム・ライアンはCVS Caremark Corporationの社長兼CEOに留まり、Caremarkのエドウィン・クロフォードは取締役会長に就任した。
 
 2008年にCVSケアマークはロングスドラッグストアーズコーポレーションからカリフォルニア州、ハワイ州、ネバダ州の541店舗を買収した。
 
 2011年にラリー・メルロがトム・ライアンの後任としてCVSケアマークの社長兼CEOに就任した。
 メルロは1990年にピープルズドラッグの買収を通じてCVS/ファーマシーに入社した。
 2014年9月3日、CVSは、2014年9月2日火曜日の深夜をもって、予定より1か月早い、全米7,700店舗でタバコ製品の販売を中止すると発表した。
 また、CVSは「より広範なヘルスケアへの取り組み」とアメリカ人の将来の健康を変えたいという願いを反映して、社名をCVS Healthに変更すると発表した。
 ただし、薬局を併設していない店舗を除き、すべての小売店は引き続き「CVS/薬局」と呼ばれ、併設している場合は単にCVSと表記される。
 2014年にCVS Caremarkは、 Apria Healthcare Group Inc.の専門輸液サービスおよび経腸栄養事業部門である
   Coram
を買収した。
 2014年にCVSヘルスは、米国最大のヒスパニック系ドラッグストアチェーンであるマイアミに本拠を置く
   ナバロディスカウントファーマシー
の33店舗を買収した。
 
 2015年にCVSヘルスは長期ケア施設向け薬局サービスを提供する
   オムニケア
を買収した。 
 2015年にCVSヘルスは
   ターゲットコーポレーション
の1,600以上の薬局とターゲット店舗内の小売診療所を買収した。
 CVSは店舗内店舗形式で運営を開始した。
 
 2017年にCVSはバスターミナル、空港、大学のキャンパスなど、交通量の多い場所に25台の自動販売機を設置すると発表した。
 最初のキオスクはラガーディア空港とボストンのサウスステーションバスターミナルに設置され、歯磨き粉、デオドラント、電池、健康的なスナック食品などの個人用品を販売。
 2017年にCVSは2017年12月に、医療保険会社の
   Aetna
を1株当たり約207ドル(145ドルは現金、残りは株式)で買収することに合意したと発表した。
 これ承認されれば、CVSはAetnaの2,200万人の医療会員に幅広い医療サービスを提供できるようになる 。
 
 2017年12月5日にウォールストリートジャーナルは、CVSとAetnaの間で690億ドルの取引が政府の承認を得れば保留になると報じた 。
 CVSのCEO
   ラリー・メルロ
が合併後の会社の経営に任命された。
 
 2018年に11月、CEOのラリー・メルロはUSAトゥデイに対し、ドラッグストアチェーンは健康保険会社アエトナとの合併に伴い、小売業よりもヘルスケアに重点を置くために店舗を改装する計画だと語った。
 この新しい戦略は、処方薬などの製品に加えて医療サービスを提供することである。
 
 2019年6月4日にUSAトゥデイは、CVSヘルスの店舗コンセプトである
   HealthHUB
を2021年末までに1,500店舗に拡大する計画について報じた。
 2019年初頭にヒューストン地域で開始されたこのコンセプトは、CVSの小売店を再編し、ヘルスケアサービスに重点を置くものである。
 HealthHUB店舗は、ヨガクラスなどのヘルスケアサービスに少なくとも20%のフロアスペースを割り当て、より多くの健康診断を提供するためにMinute Clinicスペースを拡大している。
 HealthHUBに対応するため、CVSの店舗では、現在グリーティングカードなどの売れ行きの悪い商品に割り当てられているフロアスペースを削減する。
 HealthHub形式への店舗転換は、 COVID-19パンデミックのため、2020年3月に一時停止された。
 
 2020年2月、CVSヘルスは取締役会の変更を発表し、取締役の人数を16人から13人に減らした。
 2021年11月18日、CVSヘルスは、消費者の購買行動、人口、将来の医療ニーズの変化を理由に、今後3年間で全国900店舗を閉鎖する計画を発表した。閉鎖される店舗は、米国の店舗の約10%に相当する。
 2021年11月23日、連邦陪審はCVSがウォルグリーンやウォルマートとともに「オピオイド危機に大きく貢献した」との判決を下した。
 
 2021年12月2日、CVSヘルスはパーソナライズされたケアとデジタルヘルスの改善に向けてマイクロソフトとの戦略的提携を発表した。
 2022年9月、CVSヘルスは在宅医療企業シグニファイ・ヘルスを約80億ドルで買収することで合意したと発表した。
 これは、年末までにプライマリケアに進出する計画を発表した1か月後のことだった。
 
 2023年2月8日、CVSヘルスは、オークストリートヘルスを1株当たり39ドルの全額現金取引で買収する最終契約を締結したと発表した。
 これは企業価値約106億ドルに相当する。
 
 CVS Pharmacyは、米国全50州、コロンビア特別区、プエルトリコに9,600店舗を展開する米国最大の小売薬局チェーンの一つで、主にCVS Pharmacy、CVS、Longs Drugs、Navarro Discount Pharmacy、Drogaria Onofreの名称で営業している。
 CVS Pharmacyは、米国内の処方箋の5分の1以上を処理しており、米国人口の85%がCVS Pharmacyから10マイル以内に住んでいる。
 ExtraCareロイヤルティプログラムは、7,000 万人を超えるカード保有者を誇り、米国最大の小売ロイヤルティプログラムとなっている。

 ミニッツクリニック( MinuteClinic)の小売医療クリニックは、米国内のCVS薬局の店舗内で運営されている。
 これは米国最大のウォークイン医療クリニックであり、33州とコロンビア特別区に1,100以上の拠点がある。
 現在、米国人口の50%以上がミニッツクリニックから10マイル以内に住んでいる。

 CVSケアマーク(CVS Caremark)は、通信販売薬局サービス、専門薬局および輸液サービス、プランの設計と管理、処方管理、請求処理を含む包括的な処方薬給付管理サービスを提供している。
 同社のクライアントは主に、雇用主、保険会社、組合、公務員グループ、健康保険、マネージドメディケイドプラン、その他の健康保険プランのスポンサー、および米国全土の個人です。
 CVS Caremarkは、5つの通信販売薬局、専門薬局、長期ケア薬局、​​および約41,000のチェーン薬局と27,000の独立薬局からなる68,000を超える小売薬局の全国ネットワークを通じて、7,500万人を超えるプランメンバーの処方薬の調剤を管理している。

 CVSスペシャルティは、複雑で高価な薬物療法を必要とする慢性疾患や遺伝性疾患を持つ患者に専門薬局サービスを提供する専門薬局部門です。CVSヘルスは24の専門薬局店舗と11の専門通販薬局を運営しており、米国最大の専門薬局となっている。

 ロングスドラッグスはハワイ州全域に約40店舗を展開する小売薬局チェーン。
 同社は2008年10月にCVSヘルスに買収され、別ブランドとして運営されている。
 
 ナバロ・ディスカウント・ファーマシーズは、アメリカ合衆国の薬局チェーン、写真サービス、薬局給付金管理会社です。同社は2014年9月にCVSヘルスに買収され、CVSヘルスの別ブランドとして運営されている。
 同社は主にマイアミ・デイド郡とブロワード郡で営業しており、現在33店舗を展開している。
 
 アコーダントは、希少疾患や慢性疾患の患者とその介護者を対象に、希少疾患のケースマネジメントとケアマネジメントサービスを提供している。
 クライアントは主に健康保険組合、雇用主、第三者管理者(TPA)です。
 同社はCVSヘルスコーポレーションの完全子会社として運営されている。
 
 コーラムは、輸液サービス、臨床およびコンプライアンスのモニタリング、個々の患者カウンセリングと教育を提供する全米最大手のプロバイダーの1つ。
 コーラムは、85を超える拠点からなる全国ネットワークと米国最大の在宅輸液ネットワークを通じて、年間14万人の患者をケアしている。
 同社は2015年8月にCVSヘルスに買収され、CVSヘルスコーポレーションの完全子会社として運営されている。
 
 オムニケアは、北米全域の介護施設や高齢者施設の患者を対象に、長期ケア市場向けに薬局サービスを提供する企業。
 同社は2015年8月にCVSヘルスに買収され、CVSヘルスコーポレーションの完全子会社として運営されている。

 ヘルスハブ(HealthHUB) は、CVS Pharmacy の一部店舗内で運営されており、従来の CVS 店舗に加えて、さまざまな追加サービスを提供してる。
 HealthHUB の店舗では、睡眠時無呼吸、耐久医療機器、家庭および健康技術、圧迫療法など、幅広いサービスを提供している。
 HealthHUB には、HealthHub の製品とサービスに精通したケア コンシェルジュが常駐している。
 さらに、HealthHub ストアである MinuteClinic の店舗では、サービスが拡大しており、医療助手、登録看護師、准看護師および職業看護師を雇用して、看護師および医師助手のサポートを行っている。

 1980年代後半から1990年代初頭にかけて、ケアマークRXは数々の医療詐欺やメディケア詐欺スキャンダルに巻き込まれた。
 米国政府とのこの紛争を解決するために同社が支払った総額は2億5000万ドルを超えた 。
  
 2005年、ケアマークRx社は、2003年に買収した企業が製薬メーカーと不適切な取引をしたとして内部告発者 が起こした連邦訴訟を和解するため、1億3,750万ドルを支払った。
 この訴訟によると、買収された企業であるAdvancePCSは、連邦職員健康保険プログラム、郵便取扱者健康保険プログラム、メディケア健康維持計画などの政府プログラムとの契約に基づき、競合他社の製品よりも自社製品を宣伝するために製薬会社からキックバックを受け取っていたという。 

 2008年2月、CVSは不正な商慣行を理由に大規模な民事訴訟を和解した。カイザーファミリー財団は次のように報告している。
 シカゴ・トリビューン紙によると、 CVSは、 薬局給付管理会社ケアマーク社に対して28人の州検事総長が起こした複数州に及ぶ民事詐欺行為訴訟で、3,850万ドルの和解金を支払うことに同意した。 

 2016年9月、マサチューセッツ州司法長官モーラ・ヒーリーは、CVSが依存性のあるオピオイドやその他の規制薬物の処方箋に調剤する前に州のデータベースを確認することに同意する79万5000ドルの和解を発表した。
 この和解により、ドラッグストアチェーンが薬剤師にマサチューセッツ州の処方箋監視プログラム(PMP)へのアクセスを提供しなかったという以前の申し立てが解決した。
 2020年7月、ケンタッキー州司法長官はCVSに対して、同社のビジネス慣行がオピオイドの流行の進行を助長したとして訴訟を起こした。

 2021年11月、クリーブランドの連邦陪審は、CVSヘルス、ウォルグリーン、ウォルマートが運営する薬局がオハイオ州の2つの郡でオピオイドの流行に加担した責任があるとの判決を下した。
 裁判は6週間続き、陪審はオハイオ州の薬局に責任があるとの評決を下した。
 これは、オピオイドの流行の中で薬局会社が自らを弁護した最初の裁判であった。

 2022年8月、同社はオハイオ州レイク郡とトランブル郡が起こしたオピオイド販売をめぐる訴訟で、クリーブランドの裁判官から6億5000万ドルの損害賠償を命じられた3つのチェーンのうちの1つだった。
 他の2つのチェーンはウォルグリーンとウォルマートで、ライトエイドとジャイアントイーグルの2つは裁判に入る前に和解した。
 郡を代表する弁護士は33億ドルの損害賠償を請求した。 

 2018年7月、調査センターはCVSに対し、ホメオパシー薬の販売に関する消費者詐欺の訴訟を起こした。
 訴訟では、お金の無駄遣いであるだけでなく、科学的根拠に基づいた薬を使わずにホメオパシー治療を選択すると、症状が悪化したり長引いたり、場合によっては死に至ることもあると主張している。
  
    
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日米豪など報告 中国政府系ハッカー集団APT40への警戒を呼びかけ

 米国は日本やオーストラリアなどとの同盟国は、中国政府が関与するスパイ機関がハッカー集団を通じて政府機関や民間企業に対する
   サイバー攻撃
を指示していると非難した。

 豪州主導の報告書が9日発表された。
 報告書で米国と英国、カナダ、ニュージーランド、日本、韓国、ドイツのサイバーセキュリティー・情報機関は、中国政府が背景にいるハッカー集団「APT40」がインド太平洋地域の各国政府を「繰り返し」標的にしていたと指摘した。

 この報告書によれば、APT40は2022年4月のある事件で、数百のユーザー名とパスワードを盗むことができただけでなく、多要素認証コードも入手したという。

 「このグループは中国国家安全省のために悪意あるサイバー作戦を行っている」との分析をまとめた報告書ではまた、APT40は
   フィッシング詐欺
のようなユーザーとのやり取りを介する手法を用いるよりも、一般向けインフラの脆弱性を突くサイバーテロ攻撃が多いと警告した。

 この報告書に対し、中国外務省の林剣報道官は北京で同日開いた定例記者会見で、この問題に関する質問に対し「サイバーセキュリティーを巡り中国を中傷しようとして、いわゆる中国のサイバー攻撃を再び大げさに言い立てている」と主張した。
 
  
ひとこと
 日本の国会や委員会等で代議士が携帯を持ち込み操作する場面が多く見られるが、中国の公安情報部門が諜報活動に利用できるチップが仕込まれた端末を使用している可能性があり、問題となる。
 こうしたスパイ端末を使用することで周囲にある携帯内の情報を盗み出すことも可能だ。
 与野党政治家に中国やロシアなどの工作員に近い関係にある秘書や支援者が介在しているリスクに対する取り組みを行う情報機関を複数設置する必要がある。
 効率化が逆にリスクの芽を増やす加速器となりかねない状況では、リスクが表に出た時の費用は効率化で生み出す利益では到底賄えないことすら理解していないのが、与野党の主張する効率化・経費の削減というおまじないだ。

  
posted by まねきねこ at 06:18 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱UFJ銀行員、親族らにインサイダー情報漏えいの疑い(報道)

 国内の複数メディアは9日、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱UFJ銀行の行員が
   顧客企業の株式公開買い付け(TOB) など
に関する未公表の情報を親族らに漏らしていた疑いがあると報じた。

 MUFGを巡っては、傘下の三菱UFJ銀行と証券会社2社が6月、
   顧客企業の情報を無断で共有
したなどとして、金融庁から金融商品取引法に基づく
   業務改善命令
を受けたばかり。同社の情報管理の質が改めて問われそうだ。

 読売新聞の報道によると、親族らは顧客企業に関する株取引を行い、数百万円の利益を得ていた可能性があると伝えた。
 
 証券取引等監視委員会は金融商品取引法違反の疑いで行員の自宅を5月ごろに強制調査し、同行や系列証券にも調査に入った。
 行員は監視委に対して不正への関与を否定しているという。

 朝日新聞によると、監視委は同行員が出向していた
   三菱UFJモルガン・スタンレー証券
のほか、親族の自宅なども捜索した。

  
ひとこと
 企業のコンプライアンスが絵に描いた餅だということを示した出来事だ。
 企業間の情報の共有化で、個人情報を共有している事自体も多くの企業に見られ、個人情報の漏洩という問題なっている。
 コンプラを強化させるためにも罰金の引き上げが必要であるのは明らかだろう。
 企業の緩みきった体制では欧米企業との競争で勝ち抜くことは不可能だ。
 腐った代議士が、2番ではだめなんですかというゴロを巻いて事業仕分けなどという到底の組織への国の財産をくれてやったような政策はソ連崩壊におけるオリガリヒと同じことをしたということだ。
 
  
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする