市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2014年02月15日

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

 
 一人の教師との出会いが、金髪ギャルとその家族の運命を変えた。
 
 投稿サイトSTORYS.JPで60万人が感動した、笑いと涙の実話を全面書き下ろしで、完全版として書籍化。
 
 子どもや部下を伸ばしたい親御さんや管理職に役立つノウハウ&心理学テクニックも満載している。
 
 〈登場人物〉「さやかちゃん」=偏差値30以下のギャル。
 天然ボケ回答連発も、へらず口が得意だ。
 
 「坪田信貴」=心理学を使って短期間での偏差値上昇を請け負うカリスマ塾講師。
 「ああちゃん」=悲しい子ども時代の経験から、熱い子育て論を持つさやかちゃんのお母さん。
 
 でもお母さん仲間からは誤解されがち。
 
 
 
  
 
・ 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話。
  
 
  
  
ひとこと
 義務教育の限界を考えさせる一冊だ。
 教師が金太郎飴で作り出させるシステムがもっとも問題だろう。
 いろいろな教師が存在して初めて社会が出来る。
 
 同じ様な種類の教師ばかりでは画一的な教育しか出来ないだろう。やる気を起こさせる教師が必要だ。
 また、生徒も素直に取り組む姿勢が重要になる。
  
  
  
 
  ↓ 参考になったらクリックお願いします。
 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

 
 
 
  


  
 
最新経済ニュース
 米国の道路交通安全局(NHTSA)は、ブレーキに不具合のある可能性があるとして、マツダ の大型クロスオーバー車「CX―9」(訂正)に関する予備調査に着手したと明らかにした。

 2010、および2011年型モデルの推定6万2319台が対象となる。

 NHTSAによると、ブレーキのペダルが急に重くなり、車を停止するのに一段の力を要したなどの苦情が寄せられたという。

 なお、マツダの広報担当は、NHTSAの調査に協力しているとしている。
 
 
 
 
  
 
 
 
   
posted by まねきねこ at 20:22 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック