市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2014年05月31日

牛乳で体調不良?

 
 5月28日、千葉県内の9つの小学校や中学校の学校給食において
   古谷乳業成田工場
     (千葉県香取郡多古町水戸1−16)
が 5月27日に製造した紙パック牛乳(200ml)牛乳を飲んだ児童や学生・教職員ら合計3463人から
   「牛乳が苦い」
   「いつもと味が違う」
などと訴え、その後体調不良者が相次いで発生、小学校や小中学生および教職員など合計1102人が体調不良を訴える集団食中毒とみられる出来事があった。 
 
 
 古谷乳業成田工場では、千葉市など県内18市町にある小中学校 343校に供給している。
  
 
 千葉県は30日、この問題で、症状を訴えた児童・生徒がいるのは千葉、成田など12市町で計121校に上ったと発表した。
 
 
 この121校を対象に行った調査によると、30日中に回答があった44校だけで689人が症状を訴えていたという。
 ただ、未回答の学校が多いことから、今後、さらに増えるとみられる。
  
 
 体調不良等の症状を訴えた689人のうち、腹痛が最も多く513人、下痢が108人だった。
 なお、9人が医療機関を受診していたが、重症者はなく、入院した例もないという。

 県は29日に少なくとも838人が体調不良を訴えたと発表していた。

 
 牛乳を製造した古谷乳業(千葉市美浜区)は、30日から同県内の343校への納入を当面自粛することを決めたとのこと。
 
 
  
 
 
ひとこと
 343校のうち121校で牛乳に異常があったということであれば、製造段階で何らかのトラブルがあったのだろう。
 
 視点を変えれば232校に供給された牛乳には問題がなかったということで、トラブルになった業乳がどの段階でトラブルを起こすリスクが生じたかを確認すればいい。
 
 原料の生乳に問題があったのか?製造段階で何かが混入したのか?
 
 
 
 
 
    
  ↓ 参考になったらクリックお願いします。
 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

 
 

 
 


 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
posted by まねきねこ at 07:00 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック