市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2014年06月03日

酒田五法



酒田五法(さかたごほう)

 出羽国(現在の山形県酒田市周辺)出身の江戸時代の相場師

   本間宗久

によって考案されたローソク足の並びを基本としたテクニカル分析のひとつ。




三山(さんざん)

 値動きが「上昇→下落」のパターンが3度続く動きを示すと、一般に

   天井形成のパターン

として看做され以降は下落するとみる。



三川(さんせん)

 逆三山とも言う。

 こちらは値動きが「下落→上昇」のパターンが3度続き、一般に

   大底形成のパターン

と看做され以降は上昇すると見る。

  



 なお、三山・三川には色んなパターンがあり、急上昇した次の日に上昇が鈍化→大きく下落すれば三川宵の明星・大暴落した次の日に少し値を戻し更に急反発すれば三川明けの明星となる。

  



三空(さんくう)

  何度か上昇・下落を繰り返した後に値動きが上昇傾向(あるいは下落傾向)となり、やがて値動きが落ち着いて上昇・下落が交錯すると三空となる。



 こうなると相場の流れ(トレンド)が急変する可能性が高くなる。

 上昇局面なら売り・下落局面なら買いと反対売買の機会と見る。



 ちなみに上昇時の三空は三空踏み上げ・下落時の三空は三空叩き込みと呼ぶ。





三兵(さんぺい)

 三日連続で上昇・下落が続くことを指す。

 上昇が連続すれば赤三兵・下落が連続すれば黒三兵と呼ぶ。



 この相場で重要なのは、その連続の傾向より「値動きの幅」や前日終値との比較である。



 例えば前日の終値よりも高い始値で赤三兵が出れば極めて強い上昇トレンドとなることが多い。

 また値動きの幅が狭まってくると、先詰まりとなり頭が押さえられることから相場の収束の前兆と見る。

  



三法(さんぽう)

 短い期間に上昇と下落が連続して起こる場合、売り買いが交錯してトレンドが定まらない状態となる。

 これを三法と呼ぶ。






         ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
 
   




最近の科学・医療関連情報








  
 
  

  
          

    ・ 【あか屋】へのリンク



     

     
posted by まねきねこ at 16:36 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック