市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2014年09月10日

電力の安定供給維持のための重要な課題

 
 東日本大震災では、東京電力(9501)の
   福島第一原子力発電所
だけでなく、東北地方の太平洋沿岸の火力発電所も津波でダメージを受けた。
 
 電力生産設備の発電能力低下に伴い電力需給をひっ迫させる一因となった。
 
 
 地震発生時における津波の来襲に対するリスクを軽減させる設備は、電力の安定供給維持のための重要な課題となっている。
  
  
 造船重機大手のIHI(7013)は、ノルウェーのセバン・マリン や独シーメンスと共同で洋上火力発電設備の開発に取り組むことを検討している。

 海上の設備では陸上で設置する場合の用地確保が不要になる。
 

 このため、実用化されれば、こういった施設の建設に反対する周辺住民との間の摩擦を避けることができる。
 
 さらに環境影響評価だけで3−4年かかるなど、計画策定から運転開始まで10年以上を要する発電所の工期短縮化につながる。
 

 従来にはない形の浮体式火力発電所が誕生すれば、新たな市場を生みだす可能性もある。
  
 
   
 
    ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  
  人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

 
  
 
 


  
 
  
  
  
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック