市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2015年03月18日

仙人とは?



仙人(せんにん)

 中国の道教において、仙境にて暮らし、仙術をあやつり、不老不死を得た人のこと。
 羽人、僊人ともいう。

 中国戦国時代から続く思想である道教の不滅の真理でもある、道(タオ)を体現した人とされる。


 仙人は基本的に不老不死とされるが、自分の死後死体を尸解して肉体を消滅させ仙人になる方法があるという。
 これを尸解仙という。


 羽化昇天して仙人になる天仙や地仙などがあるが位は尸解仙が一番下とされる。


 なお、西遊記において孫悟空は「妖仙」などと蔑称されている。


 神仙、真人もほぼ同義として用いられるがニュアンスの違いがあるだけである。


 仙人になるために修行をする者は「道士」(羽士)「方士」と呼ばれる。

 専ら、道士は道教修行者一般をさした。


 春秋戦国時代を終わらせた秦の始皇帝の時代、方士である徐福が始皇帝の命を受けて東海の仙島に仙薬を求めて出航した。

 徐福は日本に逢着したともいわれ、日本各地に徐福伝説が残っている。


 中国の軍師として知られる呂尚や諸葛亮なども仙術を修得していたとされた。

 仙人といえば白髯を生やした老人というイメージがあるが、韓湘子など若々しい容貌で語られる者や、西王母、麻姑仙人(仙女)などの女性の仙人の存在も多く伝えられている。





  
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  
   人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

  


  
  



  

   




  
        
  
posted by まねきねこ at 06:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック