市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2015年01月07日

神棚の設置場所


 神棚は、できるだけ明るく清浄な場所の最上階(または上に上階の床のない箇所)の天井近くに南向きまたは東向きに設置するのが良いとされている。


 最上階への設置が困難な場合があるため「雲板」や「雲文字」が神棚の上の天井部分に張り付けて用いられる。

 「雲板」は神棚を設置する神棚板の上部に取り付けられている雲形に彫刻されている部材のこと。

 「雲文字」は「雲」、「天」、「空」の木製の抜き文字あるいは紙製の書き文字を天井部分に取り付けるもの。


 設置場所がなくやむを得ずタンスの上にまつる場合、
   白い布か白い紙
を敷いて神札を置くのが望ましいとされている。

 ただし、不浄とされるトイレと背中合わせになる場所や、人の出入りが激しい扉の上などは避けなければいけないとされる。


 また、同じ部屋で神棚と仏壇の向かい合わせになる位置関係での設置は好ましくないとされる。





         ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
 
   




最近の科学・医療関連情報








  
 
  

  
          

    ・ 【あか屋】へのリンク



     

      
posted by まねきねこ at 02:41 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック