市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2015年01月15日

神饌(しんせん お供え)


 一年の節目に行われる日本の祭は神事と祭礼から成りたっている。

 神事の際にはその土地の人々が特別な恩恵を享受した食物を
   神饌(しんせん お供え)
として捧げ、神迎えを行ってきた。


 捧げられる神饌は主食の米に加え、酒、海の幸、山の幸、その季節に採れる旬の食物、地域の名産、祭神と所縁のあるものなどが選ばれる。

 神との一体感を持ち、加護と恩恵を得ようする
   「直会(なおらい)」
とよばれることが、儀式終了後に神へ供えた食べ物を「お下がり」としていただくとされる。


 神饌の置き方は、米・塩・水の場合、向かって左から水・米・塩。
 向かって左から水・塩、2列目に米とする。


 米・塩・水・酒の場合、向かって左から水・酒・ 米・塩。
 向かって左から水・塩、2列目に酒・米。
 向かって左から水・塩、2列目に酒・酒、3列目に米とする。

 
 本来神道に魚や鳥以外に四足の獣を備えてはいけないという決まりは無い。
 


 1871年(明治4年)に打ち出された祭式次第に準拠した生饌と呼ばれる、素材そのものを献供する
   丸物神饌
が一般的になった。


 祭式次第以前には熟饌とよばれる、調理や加工を行った、日常生活における食文化の影響が伺えるものも神饌として献供されていた。


 これらの神饌は他の地域に見られない特徴があり特殊神饌とも呼ばれ、伊勢神宮の神嘗祭「由貴大御饌」 、石清水八幡宮の石清水祭「供花神饌」 などがある。


  

    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。
  
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
 


  
  





    
posted by まねきねこ at 08:09 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格言・ことわざ・用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック