市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2015年07月24日

走行中のジープ、ハッキングで乗っ取り成功

 
 
 

 
 欧米自動車連合フィアット・クライスラー・オートモービルズ(Fiat Chrysler Automobiles、FCA)は22日、ネット接続機能を備えた車種の一部を対象に、ソフトウェアの修正プログラムを提供すると発表した。これに先立ち、米誌ワイヤード(Wired)は、走行中の同社製「ジープ・チェロキー(Jeep Cherokee)」2014年モデルがハッキングにより遠隔操作される様子を伝えていた。

 21日に掲載されたアンディ・グリーンバーグ(Andy Greenberg)記者によるワイヤード誌の記事は、システムの脆弱性を示すための実験として、コンピューターセキュリティー専門家のチャーリー・ミラー(Charlie Miller)氏とクリス・バラセク(Chris Valasek)氏が、チェロキーを遠隔操作する様子を伝えている。

 記事では、ハッカーらが自宅からノートPCを使って、チェロキーのハンドルやブレーキ、ラジオ、ワイパーなどを遠隔操作できることを指摘していた。

 一方のFCAは、自社の車がハッキングされたという情報は直接入手していないと主張。プレスリリースの中では、ソフトウェアのアップデートは「自動車システムに無許可で不法にアクセスする潜在的なリスクを減らすためのセキュリティー対策の強化のために」時に必要となると説明している。
 
 
 
 
  
posted by まねきねこ at 01:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック