市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2015年10月15日

中国が人民元とスイス・フランの直接取引を検討

  

 中国人民銀行(中央銀行)は人民元とスイス・フランの直接取引開始を検討していると事情を直接知る関係者3人がメディアの取材で明らかにした。

 これが実現すればスイス・フランは上海市場で人民元と直接取引できる7番目の主要通貨となる。


 現在は米ドルと豪ドル、ニュージーランド・ドル、英ポンド、日本円、ユーロの6通貨のみ直接取引が可能だ。
 それ以外はいったん米ドルに替えてからの取引になる。


 なお、この関係者は対外的に話す権限がないことを理由に匿名で語った。


 
 国際通貨基金(IMF)が来月、特別引き出し権(SDR)構成通貨の見直しを行うのを前に、中国は
   人民元の国際的な利用拡大
に向けた取り組みを加速している。  




ひとこと

 中国人民元との交換可能な通貨の増加は人民元にとってはバッファーとなるが、世界経済にとっては問題の芽を作りだすことにもつながりかねない。





    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
 




最近の政治・経済関連の記事




  


     
  


   
posted by まねきねこ at 20:28 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック