市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2015年11月17日

トルコが中国製ミサイル「紅旗9」の購入計画を撤回



 トルコが中国製の長距離地対空ミサイル
   「紅旗9(HQ‐9、輸出型FD2000)」
の購入契約を撤回したと報じた。


   


 この契約撤回について、トルコ側の関係者は「防空システムの自主開発を目指す」としている。
 
 トルコは2013年9月、約34億ドル(約4165億円)を提示した中国企業の入札成功を宣言した。


 英国BBCはトルコが北大西洋条約機構(NATO)加盟国である点に言及し、米国とNATOの安全問題、中国製兵器とNATOの防衛システムとの「相性」に対する懸念を指摘していた。  





ひとこと 

 中国の目的が自国未ミサイルを売ることではなく、NATO軍の軍事情を手に入れるのが目的でもあるだろう。
 中国国内の過激派は少数民族を中心に多くが存在している。  





     
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   




最近の経済・政治関連情報
  
   
   



     

 




   
posted by まねきねこ at 06:30 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429794844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック