市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年01月06日

トランプの発言で一喜一憂する株価

  
 トヨタは、メキシコに新工場を開設しても、米国での生産や雇用が減ることはないという。

 同社広報担当のスコット・バジン氏はトランプ氏の批判を受けメディアの取材でトヨタは消費者と自動車業界の最善の利益のためトランプ次期政権と協力することを待ち望んでいるとの立場を電子メールで表明した。

  トヨタの株価は6日の取引で続落し、一時、昨年11月9日以来の日中下落率となる前日比3.1%安となった。

 他にメキシコに生産拠点を持つ日産自動車は同2.8%安となった。
 また、ホンダが同3.3%安、マツダが同4.2%まで下げた。

 この余波でメキシコに生産拠点を持たない富士重工業も一時、同1.9%安、スズキは同1.6%安となった。 


ひとこと

 製造業の米国内回帰を強制的に行わせる思惑があるのだろう。
 利益率が薄い製品を市場に供給するのではなく、嗜好性の高い利益率の高い製品の投入が重要だ。 

 売り上げ台数が多すぎ米国人のプライドを逆なでしていることを理解していないのが問題だろう。 
 売れるから売るのでは問題の解決にはならずより複雑化していくトラブルの芽を作り出すだけだ。 
   
  
    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

   
   


   

       
posted by まねきねこ at 20:37 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445639603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック