市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年02月19日

クアラルンプールの国際空港での暗殺事件で北朝鮮国籍の男1人を逮捕


 マレーシア警察当局は、金正恩北朝鮮労働党委員長の異母兄
   金正男氏
がクアラルンプールの国際空港で暗殺された事件に絡み北朝鮮国籍の男1人を逮捕したことを明らかにした。

 男が所持していた身分証明書によると、名前は
   リ・ジョンチョル容疑者(46)
とのこと。

 この事件をめぐっては、2人の女性と男1人がこれまでに逮捕されている。

 韓国の聯合ニュースはマレーシア当局がさらなる証拠収集などを目的に再び正男氏の検視を行うと報じた。

 ただ、国際空港のあるセランゴール州の警察首脳はこれを否定したという。

 北朝鮮のカン・チョル駐マレーシア大使は、検視は北朝鮮当局者の立ち会いなしに行われたことから、これを認めないと主張していた。



ひとこと

 北朝鮮がマレーシア国内で発生した事件に対し、口を挟む余地はないものだ。
 認めなくとも、全く問題のないものだろう。

 内政干渉でもあり、テロ行為が北朝鮮が行った証拠が確認できれば問題はより大きくなり外交関係がなくなる可能性がある。
 当然、ASEANないにおいても問題視され、より孤立化するだけのことだ。

 中国政府もメンツを潰されており、北朝鮮を庇う余地は単に、隣国に米国寄りの国を作りたくないことだけだろう。

 ただ、ICBMに転用可能なミサイルは米国を狙うのか中国やロシアを狙うのかは判らない。
 飛行距離や時間を考えれば中国の北京を狙われた場合には迎撃は不可能だろう。

       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:53 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447135986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック