市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年03月10日

欧州経済の景気下振れリスクの後退を指摘。


 欧州株式相場は9日指標のストックス欧州600指数は
   372.89(前日比+0.1%)
とほぼ変わらずで引けた。

 欧州中央銀行(ECB)の
   ドラギ総裁
が欧州経済の景気下振れリスクの後退を指摘したことを受け、株価は一時の下げを消す展開となった。

 業種別指数の中では銀行株の上げが目立った。

 ドラギ総裁は政策決定後の記者会見で、景気回復の勢いが増している可能性を認め、デフレリスクの切迫感はもはやないと語った。
 なお、ユーロが買われ、ドイツ国債利回りも上昇した。 


ひとこと 

 英国の離脱交渉ではタフな取り組みが必要となるだろう。
 欧州連合からの手切れ金の支払いの額をいくらにするかが問題となる。
 また、欧州市場へのアクセスでは関税は当然支払わせることになり、通関手続きを強化することにもなる。

 こうした経費を考えれば英国に進出した日系企業の利益は大幅に低下し、販売も悪化する可能性が高い。  



   
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:09 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック