市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年03月13日

利己的な行動を許し、負担を軽減するほど外交は甘くはない。


 英国議会では、欧州連合(EU)に離脱を通知する法案の審議が大詰めを迎える。

 英国のメディアは今週中にもメイ首相がEUに対して、正式に離脱を通知するとの見通しを伝えた。
 EUとの間で離脱条件などをめぐる困難な交渉が始まることになる。

 英国議会下院では13日、EUに離脱を通知する権限を
   メイ首相
に与える法案をめぐり、上院が示した英国で暮らす
   EU加盟国の出身者の権利
を保障することなどを盛り込んだ修正案の審議が行われる。

 政府は下院でこの修正案が否決され、上院でも追認されることを目指している。
 この審議が速やかに進めば13日中にも修正前の法案が可決される可能性が出ている。

 こうした動きを受け、複数のメディアは今週中にもメイ首相がEUに対して正式に離脱を通知する見通しを相次いで伝えた。
 また、EU側は、英国政府から通知があることを想定して、来月6日にも臨時の首脳会議を開催する方向で調整している。

 英国がEUに離脱を通知すれば、双方の間で
   離脱の条件
   将来の関係
などをめぐる交渉が始まることになる。

 英国の思惑通りに有利な条件での離脱を目指すが、EU側は利己的な英国の行動に対し、当然ながら厳しい姿勢を崩しておらず、極めて困難な交渉になるのは明らかだろう。   

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:35 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447861018
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック