市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年03月13日

アフリカの3分の2を超える国が中国製武器を使用


 仏紙ル・モンドは9日付で中国の武器輸出が急増し、アフリカの3分の2を超える国が中国製武器を使用していると伝えた。

 スウェーデンのシンクタンク
   ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)
によるデータを用い、中国は2011年から15年までの間に、ロシアとフランスの2番目に大きい武器輸出先となり、同時に世界3位の武器輸出国となっていると伝えた。

 武器輸出の世界シェアは、中国が5.9%で、米国の33%、ロシアの25%に次ぐ規模に成長している。

 中国の主要な輸出先は、パキスタン、バングラデシュ、ミャンマーであり、アフリカでは3分の2を超える国が中国製武器を使用している。
 2005年以降、アフリカで新たに10カ国が中国の武器輸出先となっている。

 
 中国は昨年11月、広東省珠海での航空ショーで、アジアとアフリカの潜在的顧客に向けて、900点の武器を展示した。
 中国の軽型戦車VT-5はドイツのレオパルト2や米国のM1エイブラムスを購入する力のない国には最適な兵器といえる。

 中国の高性能な国産無人機も輸出品となっている。

 また、中国の最新戦闘機でステルス性能を備えたJ20(殲20)も初公開された。

 中国では昨年、航空機エンジンの開発や製造を担当する国有企業の
   「中国航空発動機集団」
を立ち上げた。

 同分野は長年、利益率の高い消耗品である武器は外貨を稼ぐためのツールとして中国の工業政策における重点目標とされている。
 軍事工業分野での競争力向上の重要な課題となっている。   

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 21:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447886649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック