市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年03月16日

セーフティーネット(安全網)から「非伝統的な銀行業務」を分離することを想定


  
 米国連邦預金保険公社(FDIC)のホーニグ副総裁は13日、ワシントンで開かれた
   国際銀行協会(IIB)
の会議での講演後、記者団に対し、米金融機関が投資銀行業務を分離し、独自の取締役会とマネジメント、資本、場合によって特別なクラスの株式を持つ別個の
   「中間持ち株会社」
に移すべきだとの見解を明らかにした。
 
 新たな立法措置が必要になるこのプランについて、正確にいえば、グラス・スティーガル法の再生を目指すものではないが、1999年に廃止された同法の現代的解釈の法制化というトランプ政権の目標に合致する可能性があると語った。

 講演では、この提案はユニバーサルバンクが現在の業務ポートフォリオを実行する能力を抑制することなく、預金保険などの政府プログラムのセーフティーネット(安全網)から
   「非伝統的な銀行業務」
を分離することを想定していると説明した。
 
 ウォール街への「アメ」としては、数千ページに及ぶ現行ルールの必要性がなくなるメリットを挙げた。   

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:31 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448010031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック