市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年03月20日

どちらにしても迷惑な話


  
 北朝鮮の政府系メディア
   朝鮮中央通信
は18日、現在行われている
   米韓合同軍事演習
に対して「北朝鮮軍の強力で威力ある
   超精密打撃手段の照準鏡内
に入っている」と主張する論評を配信した。

 論評では、米国は、合同軍事演習の延長線で先日、悪名高い最精鋭テロ部隊と呼ばれる
   米海軍特殊戦団『「シールズ」部隊
   米陸軍特殊部隊『グリーンベレー』
   米陸軍テロ対策特殊部隊「デルタフフォース」
など、米連合特殊作戦部隊まで総動員して『平壌浸透』『斬首作戦』の準備していると主張、北朝鮮の軍事指揮機構無力化などを狙った歴代最大規模のヒステリックな軍事演習を行っているといつもながらの指摘をした。

 また、「反帝・自主の道へ力強く前進するわが共和国をなんとしても抹殺しようとする米国の核戦争策動のエスカレートであり、侵略的な敵視策動の明確な発露である」と非難した。

 さらに、核火薬庫同様の韓国で危険極まりない戦争演習に狂奔する米国こそ、朝鮮半島をはじめとする北東アジアの平和と安定を破壊する張本人、情勢激化の主犯であると金正男をマレーシアの空港で暗殺したテロ行為を棚にあげたうえで主張した。

 また、現在、演習に動員された原子力空母をはじめ敵対勢力のすべての戦略資産は、わが軍隊の強力で威力ある超精密打撃手段の照準鏡内に入っていると強調し虚勢を張って見せた。

  

ひとこと

 軍事行動を事実上起こせない北朝鮮の長くなる言葉による抵抗はいつもと同じもの。
 北朝鮮権力内での政治闘争が大きくなっており、クーデターがいつ起きてもおかしくはない状態にある。

 ただ、この時期に北朝鮮が崩壊すれば、住民の脱出が容易になり日本海を渡航するか図もケタ違いになりかねない。
 武装し伝染性の疾病を持った者や途中で溺死する者が日本の海岸に流れ着くため経費が必要になり迷惑な話だ。

 当然、中国やロシア、韓国などへは数百万単位で脱出する動きになり地域経済がパンクする可能性もある。   

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:57 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448151112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック