市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年04月17日

ルールを無視?やりたい放題の航空機会社


 米国大手航空会社のデルタ航空は、定員超過となった便で座席を譲る乗客に対して空港勤務の従業員が提供できる補償額を引き上げた。

   
  

 米国の同業ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスが翌日の運行乗員の移動を目的として、航空機の客席を取り上げるため
   Wブッキング
と偽り、乗客から席を強制的に譲るように要求したようだ。

 これを拒否した翌日の患者の診療予約があるアジア系の乗客(医師)に暴行を加えて機外に引きずり出していく映像が世界中に流れ非難が湧き起こっており、こうした失態の防止に動いた。

 客は警備担当者から暴行を受けた際、鼻を骨折し前歯2本が折れたという。


   
   (出典:https://www.youtube.com/embed/AmsJmW1vbrQ

 
 デルタ航空の13日付メモによると
   顧客サービス担当者
は席を譲るよう要請する乗客に対して
   最大2000ドル(約22万円)
の補償を提供することが可能となる。

 なお、これまでの上限は800ドルだった。

 また、管理職は最大9950ドル(約108万円)と、従来の上限1350ドルの7倍超の補償を提供することができるという。 
  
  

ひとこと

 真実を都合よく変えて広報する姿が信頼性を失わせることになるだろう。 


    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:44 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449078430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック