市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年05月03日

#銀行幹部との2月の会合では、グラス・スティーガル法はほとんど話題になっていない。


 米国金融機関が跋扈するウォール街への批判の急先鋒でもある民主党の
   エリザベス・ウォーレン議員
らは今月、グラス・スティーガル法の新版を策定する法案を提出した。
 
 ただ、上院共和党議員で支持したのは
   ジョン・マケイン議員
1人だけだったこともあり、新たな法案の議会通過は険しい道のりが予想されている。
 
 2月の金融ルールに関する大統領令を巡り財務省で開かれた銀行幹部との会合では、グラス・スティーガル法はほとんど話題になっていない。

  

ひとこと

 思い付きに近い発言を繰り返してきたことで企業を成功させてきたとしても、利益の身を優先して判断するだけの民間企業と巨大な国家の運営とは根本的に異なることが理解できていないようだ。

 日本の企業経営者が米国の表面的な経済の流れを背景に主張するが、裏の政治的力学が理解できておらず、莫大な損害を出すことが多くなっている。

 幼稚な経営者が政治と経済は別などという主張をするのだが、こうした思考が愚民政治家に蔓延しマスコミ上がりの政治家が事業仕分けなどという重要度でいえば枝葉のはっぱばかりをマスコミに取り上げ、政策を棚上げしてきた現実を日本国民は考えるべきだろう。

 無駄と指摘する数兆円のために、無駄な時間を使っただけで、必要な政治や外交が出来ずに数百兆円もの損害を発生させるといった経済観念の乏しさというか国益に対するバランス感覚の欠如が問題だ。

 年金問題だけ取り上げた愚民政治家の大臣も質が悪すぎた。そもそも、年金制度を始める際に、加入者の確保優先で名義貸しのごときものがあったともいわれ、年金保険料を支払ってもいない部分など不合理な点には全く手を付けていない。 

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:09 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449546019
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック