市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年05月03日

#北朝鮮の独裁者金正恩と会談する?


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は1日、ホワイトハウスの大統領執務室でブルームバーグ・ニュースのインタビューに応じ、米国にとって最も差し迫った外交・安全保障問題である
   北朝鮮問題
に関して、政治顧問らからは反対されているが、軍事衝突を回避するために
   金正恩朝鮮労働党委員長
と「会うのが適切ならば、断固として会うつもりだし、それを光栄に思う」と発言した。
 
 また、「政治に携わる人は決して口にしないだろうが、適切な状況の下であれば会うつもりだ」と続けた。



ひとこと

 メディアのインタビューでの思いつき程度の発言だろう。

 この「適切な状況」として掲げる項目を明らかにしておらず、ICBMの開発の中止や設備及び核兵器の廃棄などは当然のこと、人権問題の解消や民主主義的な政治体制の確立などまで踏み込んでいくことになるため、北朝鮮が受け入れは不可能なものとなるため、絵に描いた餅のようなものになるだろう。

 それよりも、こうした交渉で時間を稼ぐ北朝鮮が最終的に米国本土に打ち込める核兵器を開発する可能性が高まるだけだろう。
 なお、核兵器を手に入れリスクが高ければ対抗措置として米軍は「無慈悲」に北朝鮮軍を殲滅する行動をすることになる
 ただ、隣国に自由主義国家が出きることを国内問題に発展しかねないリスクとして捉える中国政府は、北朝鮮の動きを常に監視してある時期にクーデターを起こさせる可能性が一番高いという見方もある。

    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 06:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449546116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック