市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年05月09日

未知数の候補への期待感が膨らんだ結果だ。


 ブリュッセルを拠点とするシンクタンク
   ブリューゲル研究所
の上級研究員
   アンドレ・サピル氏
はメディアとのインタビューで、「マクロン氏は新顔であり、フランスと欧州が必要としている再出発にうってつけだ。マクロン氏は欧州に大いなる希望をもたらす」と語った。 


ひとこと 

 ロスチャイルド系の金融機関での経験や背景に注目する必要があるだろう。
 ユダヤ系金融財閥の資金の移動はその多くが経済的な問題が広がった時に行われている。
 世界の富の多くを支配し続けるこうした金融財閥の力は国家の力を凌駕している。

 英国が大英帝国としての力を保有で来たのも、ナポレオン戦争でドイツの金融都市フランクフルトの金融業界がロンドンに資金を打ちしたことが大きい。
 米国の権益拡大も同じスタンスの溯上にある。  



    
         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:11 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449713325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック