市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2017年08月12日

地政学的リスクが拡大


 欧州株式相場は米国と北朝鮮の緊張で
   ボラティリティ
が急激に高まり、指標のストックス欧州600指数は
   372.14(前日比−1%)
と3営業日続落、週間ベースで昨年11月以来の大幅安となった。
 
 ストックス600指数を構成する業種別19指数はほぼ全面安となた。
 
 このうち基礎資源は2.6%下落した。
 
 鉄鉱石と鉄鋼相場の下落を背景に、英豪系資源会社最大手の
   リオ・ティント・グループ
とスイスの資源商社
   グレンコア
が大きく下げた。
 
 また、世界最大の製鉄会社アルセロール・ミタルは4.5%値下がりした。
 
 
 英国の家電販売のディクソンズ・カーフォンは7.2%急落、2013年10月以来の安値を付けた。
 韓国での生産懸念が高まっているモバイル市場を巡る懸念から、アナリストらは同銘柄の売りを推奨した。
 

 米国の大統領
   ドナルド・トランプ氏
が北朝鮮に対する警告を強めたことを背景に、3日間の下落率は2.8%となった。
 
 ユーロ・ストックス50指数の急落に備えた保険の役割をするオプションの指標であるVStoxx指数は、2.1%上昇、4月以来の高水準に達した。
       

         ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:48 | 愛知 ☁ | Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。