市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年02月13日

先制攻撃の警告に反撃する北朝鮮の謀略が背景にあるかも。


 北朝鮮の朝鮮労働党委員長
   金正恩
はトランプ米政権の制裁措置や北朝鮮への
   先制攻撃の警告
に反撃するため、平昌冬季五輪に妹の金与正朝鮮労働党第1副部長を派遣した。

 金与正氏は開会式で韓国の
   文在寅大統領
と握手を交わし、アイスホッケー女子の南北合同チームを熱心に応援した。
 
 週末の一連の会合でユーモアのセンスを披露したとマスコミは好意的な印象を与える報道を繰り返した。
 
 また、文大統領に金正恩委員長の親書を手渡し平壌訪問を要請するとともに、南北再統一で「主導的役割」を果たすよう求めた。

 
 金与正氏は11日の夕食会で、韓国と北朝鮮には「同じないし近いものが多くある。速やかに統一が実現し、この良い人たちと平壌で会う日が来るのを望んでいる」と語った。
 
 その後、金氏ら高官代表団は空路、帰国の途に就いた。
 
 米韓関係には現在、北朝鮮の非核化を実現する道筋を巡りギクシャクし歪が生じており、金与正氏の思惑がある
   温かい言葉
は、こうした状況を生みだし最大限利用しようと画策する北朝鮮の「ほほえみ外交」の一環と見られる。


ひとこと

 韓国内の世論を分断し、対立軸を作りだす目論見があるのだろう。
 北朝鮮融和政策を進めようとしている文政権は過去の金大中政権の太陽政策と同じで、表面的には平和的な時期にも見えるが裏で核兵器などの大量破壊兵器を開発するなど軍事力の強化に邁進している。

 融和政策は本来北朝鮮が国内の生活環境を改善するために支出すべき資金を軍事力の開発に回し、生じた穴を蚊ン国の政権が埋める構図でしかなかった。
 同じような表面的に「平和」を装う外交で破壊力が増強されては本末転倒だろう。

 日本との外交でも問題を繰り返し蒸し返すような信頼性の低い韓国への投資や優遇策などは停止すべきだろう。
 軍事協力も政権の思惑で情報が筒抜けになる可能性もある。

 日本の防衛力を低下させるため、政府・自衛隊の要人などの無力化を狙った北朝鮮の影響下にあるマスコミの記者等が垂れ流す醜聞や暗殺等で攪乱させていく可能性もある危険な状況を今後作りかねない。

       

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 05:45 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。