市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年02月09日

若尾 璋八(わかお しょうはち) 山梨県出身の実業家


若尾 璋八(わかお しょうはち)
  
  明治6年(1873年)7月27日 - 昭和18年(1943年)1月10日)

 山梨県出身の実業家、貴族院議員、衆議院議員。
 
 山梨県山梨郡下於曽村(現在の甲州市)に
    広瀬久光
の四男として生まれ、東京法学院(現在の中央大学)を卒業。

 その後、明治29年(1896年)に若尾民造の二女「きよの」と結婚し同人の養子となった。

 大正6年(1917年)4月23日の第13回衆議院議員総選挙、大正9年(1920年)5月10日の第14回衆議院議員総選挙、大正13年(1924年)5月12日の第15回衆議院議員総選挙に山梨選挙区から立候補して衆議院議員に当選した。

 昭和元年(1926年)12月28日に辞任するまで9年4か月在任した。

 その間、立憲政友会総務、大正13年(1924年)6月30日には全院委員長となった。
 また、衆議院議員の辞任後、昭和2年(1927年)8月18日には貴族院議員に勅選され逝去するまで在任した。
 昭和6年(1931年)12月15日には犬養毅内閣の鉄道政務次官に任ぜられている。

 実業面では、明治44年(1911年)12月16日に東京電燈取締役となった。
 大正6年(1917年)7月31日に若尾銀行、大正8年(1919年)1月20日に若尾貯蓄銀行、8月20日に富士製紙の監査役、大正11年(1922年)2月23日に東京電燈副社長を歴任している。

 大正15年(1926年)12月13日には東京電燈、信越電力の社長となった。
 また、揖斐川電力、大同電力、東北電力などの取締役、大正14年(1925年)12月24日には東京株式取引所の理事を務めた。
       

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   

    
posted by まねきねこ at 08:42 | 愛知 ☁ | Comment(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。