市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年03月29日

対外投資協力が順調なスタート?


 中国商務部(商務省)によると、今年1〜2月には、中国の
   対外投資協力
が順調なスタートを切り、健全で秩序ある発展状況を保った。

 中国国内の投資家が世界135ヶ国・地域の企業1429社に非金融分野の直接投資を行っている。
 累計投資額は168億2千万ドル(1ドルは約105.5円)に達し、前年同期比25.2%増加しtあ。
 これは4カ月連続の増加となった。
  

    
   

 新植民地主義とも揶揄され、アフリカや太平洋地域では問題が起きている中国の
   「一帯一路」(the Belt and Road)参加国
への投資協力が積極的に進められ、1〜2月には中国企業が参加国50か国に新たに投資を行って、投資額は
   合計21億5千万ドル
に上った。これは、同20.1%増加し、同期の新規投資額の12.8%を占めた。

 参加国61ヶ国で新たに締結された
   対外請負プロジェクト
の契約額は133億4千万ドルで、同期の同契約額の43.6%を占め、同17.3%増加した。

 実行ベース営業額は106億8千万ドルで同期の同営業額の54.4%を占め、同36.2%増加した。
  
  

ひとこと

 21世紀の新植民地政策でしかない。
 融資先を金でガンジガラメニしてあらゆる権益を奪い取った19世紀の植民地政策と似たり寄ったりのものでしかない。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  



   
posted by まねきねこ at 06:08 | 愛知 | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。