市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年04月16日

ニュースアプリに圧力


 中国当局は、ニュースアプリで急成長しているインターネット新興企業
   今日頭条
に対し同社のジョーク共有アプリ
   「内涵段子」
を閉鎖とソーシャルメディア「微信」上にある同アプリのアカウントを削除するよう命じた。

  
 中国政府は9日、今日頭条やテンセント・ホールディングス(騰訊)などの企業が提供している4つのニュースアプリのダウンロード停止を要求したうえ新たなインターネット上のコンテンツ検閲策に乗り出した。

  
 今日頭条の正式社名は北京字節跳動科技となる。
 「今日頭条」は中国人の生活に欠かせないニュースアプリとなっており、社名として呼ばれることが多い。

 内涵段子は際どいジョークや動画の共有などで一部で熱狂的な人気を得ていたが、微信のアカウントは10日までに閉鎖された。

  
 11日には、今日頭条の音楽をテーマとした
   動画プラットフォーム「抖音」
がライブストリーミング機能の停止を命じられたと報じられた。 

 同社の価値は200億ドル(約2兆1400億円)余りとの評価を受け、世界最大級のメディアを扱うスタートアップ企業の1社。

  
 中国政府は定期的にメディア企業を調査しており、政府批判や際どいコンテンツを掲載しているソーシャルメディアやインターネットのプラットフォームを閉鎖し責任者の逮捕などの取り組みを強化している。

 今回の検閲調査では、今日頭条が見せしめとして最もやり玉に挙げられている。
 同名のニュースアプリが各種アプリストアからダウンロードすることが一時的に禁止されたと地元メディアが伝えた。

 また、テンセントとネットイース(網易)、フェニックスニュースのアプリもまた短期的なダウンロード停止対象になったという。

  
 今日頭条の張一鳴最高経営責任者(CEO)は11日、微信の同社公式アカウントへの投稿を通じ、中国政府に宛てた長文の謝罪文を掲載した。

 禁じられたコンテンツを削除する要員を6000人から1万人に増やすと説明した。
 また、禁止コンテンツの投稿者の
   ブラックリスト
の作成や検閲を支えるテクノロジー改善に取り組むと表明した。

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


  


   


posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。