市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年05月14日

暴言が目立つトランプ政権の資質

  
 米国大統領
   ドナルドトランプ氏
はポンペオ前CIA長官の後任に
    ジーナ・ハスペル
を指名した。


 脳腫瘍と診断され闘病中のベトナム戦争で捕虜となり拷問を受けた体験を持つ元共和党大統領候補
   マケイン上院議員(81)
は9日、トランプ大統領の新たな中央情報局(CIA)長官の人事で他の上院議員に
   「ハスペル氏は不適格だ」
と異を唱えて承認不同意を呼びかける声明を発表した。
 
 2001年の米同時多発テロ後に実施されたテロ容疑者の「拷問」に関与したとされる
   ハスペル氏
の議会承認に慎重な声が上がっている。
  

 10日にホワイトハウスで開かれた広報担当者の内部会合で
   サドラー大統領特別補佐
がマケイン氏は「どうせ死ぬのだから関係ない」と発言したことが議会専門紙ヒルなどに報じられ、批判が集中している。
  
 この発言に対し、ホワイトハウスは事実関係を否定しておらず、謝罪もしていない。


 マケイン氏の娘メーガンさんは11日、自ら司会を務めるABCテレビの番組で
   「あのような発言をして解雇されないなんて、どんな職場なんだろう」
と憤った。
  
 民主党のバイデン前副大統領は声明で「トランプ政権の品位は地に落ちた」と語った。 
    
    
    
ひとこと
     
 ごろつき政権の人材不足や胡散臭さはどこでも同じだろう。
    
    
      
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
   

   
     
      
posted by まねきねこ at 05:26 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。