市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年05月17日

米10年国債利回り 2011年以来の高水準


 
 米10年国債利回りは年初からこれまでに約0.7ポイント上昇し2011年以来の高水準に達した。
 
 ただ、投資家が10年物など長期債を保有する際に
   バッファー
として求める上乗せ金利(タームプレミアム)の上昇幅はその半分に満たない。
 つまり、タームプレミアムが
   利回りの上昇ペース
に追い付き始めれば、今のところ極端に思われる米10年債利回り見通しが
   現実味を帯びる
かもしれないことを意味する。


 タームプレミアムが抑えられてきた理由について、ストラテジストの多くは世界的な
   量的緩和
と年金基金の長期債需要や
   抑制されたインフレ
及び期間短めの証券発行を選好する米財務省の方針を挙げてきた。
 
 今後、こうした要因は変わる可能性があると見る向きが増えつつある。
 
 特に年金基金の需要が緩んだり、米金融当局に追随して他の主要中央銀行も緩和策を解消し始めたりする可能性があるためだ。
    
    
      
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
   

  
   
   
posted by まねきねこ at 05:38 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。