市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年07月07日

癖の悪い成り上がりの交渉が破たんする時期

  
  
 オバマ前米政権で米通商代表部(USTR)の次席代表を務め、現在は法律事務所クロウェル・アンド・モリングのパートナー
   ロバート・ホリマン氏
は、メディアとの取材でトランプ政権が火ぶたを切らせた貿易戦争について、「いったん関税が発動し始めたら、争いが現実となることは極めて明白だ。解決策を見つけられなければ、坂を転がる雪玉のように加速するだろう」と指摘した。



ひとこと

 不動産開発業者で成功した体験に基づく思考や判断だろう。
 常に成功したとも言えない不動産王であり、判断ミスで企業を破たんさせ撤退したこともある。

 訴訟問題も多くあったが、国家間の問題を不動産事業での成功体験に結び付けて交渉している様相だ。
 相手が折れるといった思い上がりがあるが、四面楚歌状態では無理な話だ。
 敵を多く作りすぎており、こうした米国に追随するリスクは欧州やOPECなどとの関係を悪化させかねない。
        
   
       
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

 
   
  
posted by まねきねこ at 12:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。