市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2018年07月11日

中国が国連に提出の「臓器狩り停止求める署名」を情報照会する懸念がある。



 強制臓器摘出に反対する医師の会(DAFOH)」代表
   トルステン・トレイ氏
は6月25日、公式サイトで、2013年から5年間で300万人の署名を集めた
   「法輪功学習者に対する臓器奪取を停止を求める」署名活動
の停止を発表した。
 
 7月にスペインで開かれた2年に1度の国際移植会議の後、国連組織である世界保健機構(WHO)組織で、専門家や医師からなる
   「臓器と人体組織の提供と移植に関する作業部会」
の30人のメンバーに、中国移植医
   黄潔夫氏
が、WHOの推薦により選ばれたためだ。
 
 国連が対応してこなかったことにトレイ医師はこれまで不満を示した。
 
 
 ジュネーブの国連本部を訪問し、300万人分以上の署名を渡し、この人道犯罪について話し合ってきたが、国連はこれまで検証できる行動を起こしていないと署名活動停止の発表文書に記述した
  
 
 米国は、国連人権理事会について、中国やベネズエラ、リシアなど、世界で明らかになっている
   露骨な人道犯罪
に対応していないと批判して離脱した。
 
 これを受けてDAFOHも、国連高等弁務官事務所にあてた臓器摘出に反対する署名も、関心の低下が予想されると説明している。
  
 なお、米国国務省は年次人権問題報告書の中で、中国の臓器強制摘出の疑いについて言及し続けている。



ひとこと

 米国政府の離脱はパレスチナとイスラエルとの関係もあり、軸足がどちらに置いているのかは不明だ。 
 ただ、中国の自由主義への弾圧・挑戦は脅威になっている。

        
   
       
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
   
   
  

 
   
   
posted by まねきねこ at 05:43 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。