市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年03月04日

本気度を確認しただけのこと。


 第2回米朝首脳会談が決裂した理由にはトランプ政権の
   ジョン・ボルトン国家安保補佐官
が準備した非核化ビッグディール文書があったという。

 ボルトン補佐官は3日(現地時間)、トランプ大統領が北朝鮮の
   金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長
に核・ミサイル、生化学兵器まで含む非核化のビッグディールを提案するハングル・英文の文書2件を渡したと公開した。

 生化学兵器を含む非核化はボルトン氏自身が昨年6月のシンガポール首脳会談を前後に主張した内容。
 ところが、今回のハノイ会談を控えては米政府で明らかにしたことがなかった。


ひとこと
  
 北朝鮮の非核化等への取り組み姿勢の本気度を確認しただけだが、本気に非核化する意図はないのが明らかになったものだ。

    
   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
   
  
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。