市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年05月06日

敵対行為の中止?


 親北朝鮮政策を最優先とする韓国の
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
は3日、新たに構成された軍首脳部から青瓦台(大統領府)で
   国防懸案に関する業務報告
を受けた。
  
 昨年9月の南北首脳会談で北朝鮮と結んだ
   敵対行為の中止 など
を柱とする軍事合意に関し、合意を誠実に履行し、朝鮮半島における
   軍事的緊張緩和
を通じて南北間の信頼構築の土台を築くようにと指示した。
 報告は
   鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官
  や韓国軍制服組トップの朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長
をはじめ、陸・海・空軍の各参謀総長と海兵隊司令官らが行った。
 
 陸軍と空軍の参謀総長、海兵隊司令官を先月交代させた以降、初の業務報告となった。
 文大統領はこの席で、急変する朝鮮半島情勢を考慮し
   部隊構造
や兵力構造の再編を盛り込んだ
   国防改革案「国防改革2.0」
をスピーディーに進めるよう要求した。
 
 また、「揺るぎない米韓同盟の基盤の上で朝鮮半島はもちろん北東アジアの平和と安定を守っていく力を備えた強い軍隊を築けるよう、2020年国防予算を編成してほしい」と指示した。
 軍首脳部は、米軍主導の米韓連合軍が持つ
   有事作戦統制権
の韓国軍への移管について、堅固な米韓同盟を土台に両国間での十分な協議を通じて推進すると報告した。
 
 これに対し、米韓同盟レベルの緊密な協議の下で、韓国の安全保障能力がより強化されるよう努めてほしいと指示したという。
 
 
ひとこと

 独裁者の様相になており、外交官もイエスマンに置きかえてきた。
 同様に軍部でも情報が北朝鮮に流れるような仕組みが形成されていくリスクがある。

 北朝鮮の金正恩の目論見通りに動く、傀儡政権となりっており経済関係を日本は見直し、これまでの約束を破る政権との関係は遮断する必要があるだろう。
  

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

   
  
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☀ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。