市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年06月01日

離婚で巨額の財産分与を得たベゾス夫人が資産の半分を寄付


 著名投資家ウォーレン・バフェット氏とマイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏が立ち上げた
   慈善団体「ギビング・プレッジ(Giving Pledge)」
は28日、アマゾン・ドットコム創業者
   ジェフ・ベゾス氏
との離婚が間もなく成立する
   マッケンジー・ベゾスさん
が、他の大富豪たちに続き、保有する資産の半分を慈善事業に寄付することを決めたことを明らかにした。
  

 マッケンジーさんはギビング・プレッジの活動への参加を表明する書簡で、「私には人生を通じて自分の中に育まれた財産に加え、共有できる不相応な額の金がある」と表明した。

 「私の慈善活動への姿勢は今後も思慮に富んだものとなる。それには時間と努力、そして配慮が必要だ。しかし私は待つことはせず、金庫が空になるまで続ける」と述べた。

 ギビング・プレッジが新たに同団体の活動に参加する19個人・夫婦の氏名を公表した。
 これにはマッケンジーさんの他、米英や中国、スイス、アラブ首長国連邦の富豪が含まれている。
   

 マッケンジーさんは4月、世界一の富豪であるジェフ・ベゾス氏と離婚に際する条件で合意し、財産分与により資産総額を
   推定360億ドル(約4兆円)
に増やして瞬時に世界有数の富豪となった。

posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☔ | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。