市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年07月06日

火災を起こした潜水艇の活動について海底で外国の通信傍受に従事していたとの見方


 ロシア軍の潜水艇が北極海の一部バレンツ海で今月1日、火災により乗組員14人が死亡した事故で、潜水艇の活動について海底で外国の通信傍受に従事していたとの見方が広がっている。
 
 ロシアのペスコフ大統領報道官はプーチン政権では、今回の事故を「重大な機密」と位置付けていることを明らかにしたものの、情報開示に消極的な姿勢をしめした。

 露有力紙RBCは、原子力潜水艇は2003年に配備が始まった
   「ロシャリク」(25人乗り、全長79メートル)
だと伝えた。
 
 原子力潜水艦の下部に搭載され、水深6000メートルまでの潜水能力があるとされている。
 
 RBCによると、海底の通信ケーブルを使った外国の通信傍受などを担う海軍の部局に所属するとした。
  
  
 北大西洋条約機構(NATO)が2日から隣国ノルウェー近海で
   対潜水艦演習
を実施しており、この演習の情報収集が目的ではなかったのかといった関連が取りざたされている。


ひとこと

 経済が拡大すれば、金持ちになり、強盗への対処が必要だろう。
 これが国であれば防衛力を強める必要があるということだ。

 武力を持たずに警備を米国にゆだねており、警備の傍ら金品を要求して支払ってきたのが現状だ。
 また、ボロの兵器を高く売りつけようとしている背景もある。
 この警備員が警備の費用に引き上げを要求し拒否すれば強盗に変わる可能性がある。

 こうした現状が理解できていない。
 地位魍魎の世界で、阿呆な政治家や評論家がTVなどで主張する戯けた論理では金を巻き揚げられるだけだ。
 外交交渉の軸足がぶれており、官僚も阿呆の思考に忖度しては話にもならない。

 第四の権力との意識があるマスコミの質の悪さを国民は理解すべきだろう。
   
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
  
posted by まねきねこ at 05:57 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。