市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年07月13日

チャランポランな主張は聞くに堪えない。まるで漫画だ!!


 韓国の正しい未来党のハ・テギョン議員はハ議員は12日午後、国会の政論館で記者会見を開き、昨年日本の警視庁が発表した
   大量破壊兵器関連物資不正輸出事件リスト
を入手して分析した結果、国連の対北朝鮮制裁が実施された2006年から少なくとも16件の
   大量破壊兵器の物資の不正輸出事件が摘発された事実
を確認したと明らかにした。
 このハ議員は成果を強調して、2017年7月の日本の経済産業省の報道資料を根拠に、安井インターテック株式会社が誘導炉を政府の許可なくイラン、中国、タイなどに輸出した事実があると指摘した。
 
 また、誘導炉は短い時間で加熱体を高温にすることができる器具で、核兵器開発などに利用が可能だといわれていると続けた。
 
 また、2016年11月にはIMV株式会社が、規制対象技術である振動試験装置の制御用プログラムを経済産業省の許可を受けずに中国などに提供して摘発されたことがあると主張した。
 
 こじつけの表面上は長けたハ議員は「経済産業省の報道資料によれば、この技術は大量破壊兵器の開発などに転用される可能性があるとされている」と説明した。
 また、産経新聞が「韓国がシリア、イランなど親北国家に大量破壊兵器の物資を不正輸出した」と報道し、韓国を
   ホワイト国(安保友好国リスト)
から排除しなければならないと主張したが、当の日本がイランや中国など親北国家に大量破壊兵器に関連する物資を密輸出した事実が明らかになったと問題を摩り替えて強調した。
  
 
ひとこと
 
 韓国の文政権は日本が輸出の制限をする化学薬品が化学兵器など量破壊兵器に用いられるリスクがあるが、韓国内から所在不明となったまま放置し、捜査或いは調査すらできていないことを無視した発言である。
  
 片道の燃料だけで密漁を行う北朝鮮漁船が燃料不足で帰れないため、これを遭難として燃料を与える行為は国連安保理決議違反を韓国政府が海岸警備隊や韓国海軍を使って行っていることを追求すらしていない。
 
 被害者面して、反省すらし無い傲慢な姿勢の韓国政治家の質の悪さを露呈するこうしたメディア戦略のほころびは大きい。
 
     
  
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

    
  
    
posted by まねきねこ at 06:03 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。