市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年08月02日

自業自得 韓国経済は崩壊する見込み


 韓国を輸出手続き簡素化対象国家「ホワイトリスト」から除外するか否かを決める日本の閣僚会議を控え反日政策を強引に推し進めてきた
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
は関係部署の長官たちを緊急招集し状況を点検した。
 
 韓国政府は日本の閣議で除外決定が強行されれば、直ちに
   「汎政府次元のメッセージ」
と総合対策を発表するなど素早く対応できるよう準備中とメディアに明らかにした。
 コ・ミンジョン大統領府報道官は1日、ブリーフィングでは文大統領が午前10時30分から12時45分まで大統領府で関係部署の長官たちと状況点検会議を進め、日本の輸出規制に関連する内容の報告を受けたことを明らかにした。
 
 この会議では政府側からイ・ナギョン首相とホン・ナムギ副首相兼企画財政部長官、ソン・ユンモ産業通商資源部長官、チョン・ギョンドゥ国防部長官が、大統領府からはノ・ヨンミン秘書室長とチョン・ウイヨン安保室長、キム・サンジョ政策室長、キム・ヒョンジョン安保2次長が参加した。大統領府核心関係者は「文大統領と関係部署長官の間で点検する事案が多かった。どんな方案が最善かという議論を詰めている」と話したという。
 日本のホワイトリスト除外の動きと関連して、北朝鮮の思惑通りに動く文政権では
   日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)の廃棄
を対応カードとして議論したのではないかという問いには「どんな内容が議論されたのかは明らかにし難い。まだ起きていないことに関して、あらかじめ話すことは望ましくない」と言葉を選んだ。
 
 それと共に「外交的解決方案というものは日韓両国がテーブルで協議をすることだ。どんな仲裁や出会いであっても肯定的に検討する意向がある」と付け加え、日本が会談を要求してきた流れを無視し続けた経緯を棚の上にあげて、会談をしない日本を非難するための準備をした。
 日本の輸出規制強化に対応する汎政府次元の具体的な短期および中長期対策が直ちに発表される可能性が高いと見られる。
 
 対策の発表は、ホン・ナムギ副首相が代表してするだろうとされているようだ。
 
 短期対策では、材料・部品・装備に関連した研究開発(R&D)および設備投資費用に対する税額控除の拡大と、被害企業に対する金融支援などが盛り込まれ、中長期対策では日本への依存度が高い主要業種の核心品目に対する“年間1兆ウォン+アルファ”の投資とともに、材料部品特別法を全面改正するなど、国産化基盤造成方案が盛り込まれたと伝えられる。
    


ひとこと

 直撃弾を韓国は受けることになるが驕る韓国政府は何も出来ない。
 経済は崩壊して行く道を歩むことになるだおる。

 自業自得ともいえる所業の多くを見れば日本の金融機関の保障も即時やめる必要がある。


   


   
posted by まねきねこ at 06:11 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。