市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年08月23日

本性を表し始めたのだろう


 米国は22日、韓国が日本との軍事情報共有協定の破棄を発表したことに対し
   「強い懸念と失望」
を表明した。
 日韓両国は、文大統領が事前に判事の入れ替えを行ったうえで韓国の裁判所が第2次世界大戦(World War II)中の徴用工問題をめぐり日本企業に対し賠償金の支払いを命じた。

 こうした下準備の元に三権分立を主張するなど打算的な目論見など悪意ある反日敵視政策を継続する韓国が喧嘩を売り続けた結果、対立を続けている。

 日本領土である竹島を韓国軍に軍事侵略されたままの日本は対抗措置として今月、輸出手続きで優遇措置を受けられる
   「ホワイト国」リスト
から韓国を除外した。


 米国防総省のデーブ・イーストバーン報道官は声明で、国防総省は、韓国が日本と結んでいた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の更新を文(在寅、ムン・ジェイン、Moon Jae-in)政権が差し控えたことに対し、強い懸念と失望の意を表明すると表明した。


 日本の河野太郎(Taro Kono)外相は韓国の同協定破棄について「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾だ」と表明した。

 また、「韓国側の主張は全く受け入れられず、韓国政府に対し断固として抗議する」と述べ、駐日韓国大使を政府庁舎に呼び抗議したことを明らかにした。
  


ひとこと

 北朝鮮の傀儡政権でもある文大統領は韓国の経済力を低下させ、北朝鮮と統一させる目論見で本性を垣間見せてきた。

 単純で激高しやすい韓国人を意のままに操り、反日敵視政策を刷り込んできており、本来の目的をカモフラージュしていることすら気付かないのだろう。

 こうした輩は北朝鮮が南侵したとして難民が対馬海峡を渡るだろう。
 ただ、テロリストが破壊工作を目論み潜入するリスクが高い。
 このため、リスク排除の観点からも全て追い返すことも検討すべきだ。


   
posted by まねきねこ at 06:07 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。