市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年10月15日

国民の勝利で民心の勝利?


 韓国の大統領として竹島に上陸し李明博を支持していたた野党自由韓国党の
   羅卿ウォン院内代表
は14日、゙国(チョ・グク)法務部長官が自主的に辞任の立場を明らかにしたことに関連し
   「やや遅れたが予想通り辞めることになった。事必帰正だ」
と話した。


 羅院内代表はこの日午後、゙国(チョ・グク)法務部長官の辞任コメント発表後、取材陣と会った場で「これまで国論を分裂させて国民を軽んじた政権は、この部分に対して謝らなければならない」と主張した。

 続いて「゙国事態以降、我々が正さなければならない部分がとても多い」としながら
   「実質的に大韓民国の多くの国政が乱れた」
と指摘した。
 また、「論争以前から青瓦台(大統領府)がとても強いグリップですべてのことを主導する過程で、ファストトラックなど不幸な歴史が続いた」と指摘し「非正常に動いた部分は元の場所に戻らなければならない」と続けた。

 記者からチョ長官の辞任を事前に知っていたかと聞かれると「雰囲気は感知していた」と話し「実質的に私が昨日から検察改革云々しているのが、チョ・グク辞任名分用だと話した」と答えた。

 ただ、「残念なのは、今チョ・グク前民情首席の辞任で検察捜査がうやむやになってはいけないと考える」と話し「私募ファンドに関連しては政権に関連した部分があるのではないかという強く疑ってもいる」と主張した。

 羅院内代表は「チョ前首席の辞任は国民の勝利で民心の勝利」とし「ただし、辞任だけですべてのことが解決されたわけではなく、今後の収拾において最初にすべきことは文大統領の謝罪」と付け加えた。


ひとこと

 韓国の教育では反日的に特化した歴史教育で情報を刷り込む動きは与野党ともに政治的な利用を目論み改善することがない。
 日本領土である竹島への軍事侵略と占拠したままの事実を棚上げにした外交関係は異常であり、返還と賠償金及び謝罪がなければ敵対国として対応すべきだろう。

 韓国軍が日本領土を侵略した状況のままで正常な経済関係を維持するなどという日本の与野党政治家や企業経営者の質の悪さは話にもならない。
       
      
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

 
   

   

 
posted by まねきねこ at 05:19 | 愛知 ☀ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。