市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年11月13日

金利を引き上げ日本国内の資金の価値を守る政策に転換すべきだ。


 債券市場の指標タームプレミアムが米国債とドイツ国債の両方について前四半期の記録的低水準から反転上昇したことから、突然、赤信号を発した。
 
 前回に赤が灯った時には世界金融危機後の時期以来で最大の債券売りにつながった。
 米国債タームプレミアムの3カ月での上昇は2016年後半以来の最大に向かっている。
 8月までの安定した上昇から一転し、世界の債券相場は最近数週間に下落した。
 
 米中貿易紛争の緩和が世界経済への懸念を和らげたことが背景にある。
 
 タームプレミアムの反発は「債券売り」がさらに続くことを示唆する。
 
 短期債をロールオーバーする代わりに長期債を保有する投資家が求める
   プレミアムの上昇トレンド
は、始まったばかりだとの思惑を投資家やストラテジストが指摘している。
 
 10年物米国債利回りは7日に3カ月ぶり高水準となった。
 また、ドイツ国債利回りも7月半ば以来の高さとなった。
 
 フランスとベルギーではゼロを上回っており、8日の日本国債利回りは5月以来の最高に達した。
 景気悪化懸念の後退に伴い、安全資産から
   リスク資産
への資金の流れが見込まれる中で投資家は
   長期債保有
の価値の低下などリスクの拡大について不安を深めた。
 
 こうした傾向はすでに利回りを押し上げ始めており、米連邦準備制度が
   利下げ停止
を示唆したことで加速し、タームプレミアムが上昇した。
 
 また、欧州でも緩和的な金融政策の中でインフレ見通しが上向きタームプレミアムへの上昇圧力になっている。

 
ひとこと

 日銀は金融政策を変更し国際資本の利益を最優先するような取り組みは停止し、金利を引き上げ国益に利するような取り組みを行う必要がある。

 愚かにも、海外債券を買い続けるリスクが拡大しているが何ら対応できていない。

 米国が意図的にリスクを作り出し、リーマンショックなど1800兆円もの資金が霧散した。
 この売買で売り方となっているため信用喪失で消えた資金は売り方の懐にある。

 所詮ゼロサムゲームであり、資金を潤沢にする手法における経済論理がコントロール側にいない日銀メンバーでは話にもならない。

 朝鮮半島におけるリスクも短期に市場を揺さぶるため、円高時に購入した海外債券は早急に持ち高を減らす必要があるだろう。

          
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  
    
posted by まねきねこ at 05:24 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。