市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2019年12月22日

初上場の売買データン開示要求


 米証券取引委員会(SEC)は、企業価値10億ドル超の未公開の新興企業いわゆる
   「ユニコーン」
がニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した際、取引初日にどのような売買が行われたかを示すデータやその他情報を提供するよう複数のマーケットメーカー(値付け業者)に求めた。

 この事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 SECの要請を受けたマーケットメーカーはケン・グリフィン氏が過半数株式を保有するシタデル・セキュリティーズやGTSなど。対象のユニコーンにはスラック・テクノロジーズなどが含まれるという。
 スラックはシタデル・セキュリティーズをマーケットメーカーに指名し、「直接上場」という方式で6月に上場した。
  

 シタデルの広報担当ジア・アーメド氏は20日、「スラックの直接上場は同社と株主、米国の資本市場にとって非常に大きな成功となった」とコメント。「上場と価格決定プロセスの公正性と透明性」には自信があると話した。
            
     
   
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

 
     
posted by まねきねこ at 18:38 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。