市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年01月28日

対応の遅れは致命傷


 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は26日、新型コロナウイルスによる肺炎への対応を中国の当局や専門家と協議するため「北京に向かっている」と明らかにした。
 テドロス氏は「最新の状況の把握や、感染拡大を防ぐための協力態勢を、中国当局と強化したい」と強調し、出遅れた対応の批判を鎮めるのに躍起だ。
 
 WHOは22、23両日の会合で、緊急事態宣言を出すには
   時期尚早
と欧州へン被害拡大が無いことなどが思考の背景にあるためか判断したようだが、その後も感染拡大が続いている状況を受け、トップ自らの中国入りを決断したとみられる。



ひとこと

 白人至上主義的な判断が対応の遅れで感染が世界規模になったのだろう。
 航空機による感染拡大を意識していない全時代的な思考がもっとも問題だ。
    
     
  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

    
posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。