市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年01月29日

不良品の武器は意図的?


 韓国メディアの朝鮮日報によると、韓国軍が最近行った反日・親北朝鮮政策を展開する
   文大統領への業務報告
の際に使用した武器が不良品だったことが明らかになった。

 韓国軍関係者は27日、大統領への業務報告の際、特殊部隊員が使用した韓国製の
   K1A短機関銃
の一部に不良品の銃床が付いていたことをと明らかにした。

 不良品の銃床は業務報告の様子を写した写真でも確認できる代物。

 記事では文在寅(ムン・ジェイン)大統領が兵士らを激励する様子の写真に、銃床がきちんとはまらず銃床と銃本体との間に隙間のある銃器が写ってしまっていると指摘した。


 韓国陸軍では戦闘力と武器売却を目論み兵器の成功を向上させるべく、2018年から銃床を改善したK1A短機関銃を配備した。
 この銃床は射撃時の反動を抑える機能を果たすが不良品だと照準に支障が生じ、危険な事故につながる可能性が高い。

 韓国国防安保フォーラムの
   シン・ジョンウ事務局長
は特殊部隊員でさえも軍の統帥権者の前で
   「不良品の短機関銃」
を持っているというのが「韓国軍の現実だ」と懸念を示したとい。



ひとこと

 朝鮮半島の赤化統一を目論む文政権であり、親北派政権の姿ともいえる。
 北朝鮮と不良品の武器を使っての戦闘は惨めだろう。
 日本が米国からポンコツ戦闘機のF35を買わされるのと同じ様だ。
    
  
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

   
posted by まねきねこ at 06:24 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。