市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年03月24日

本質は変わらない


 中国北京のメディア「新京報」によると、遼寧省瀋陽市にあるレストランが、米国と日本の中共ウイルス(武漢肺炎、COVID-19)流行について「疫病が長く続くように」と書かれたスローガンを掲載した。

 ネットユーザたちは、印刷方法などから現地の中国共産党宣伝部が製造したものと見ている。
 ただ、こうした「共産党宣伝部」が作成する形式の横断幕は、掲示するのも現地政府の承認が必要であり、国内外から批判が広がったことで23日午後には撤去された。

 3月23日に中国国内のソーシャルサイトで公開された写真では、「米国の流行を熱烈に祝福し、小日本の疫病が順調に長く続くことを祝う」と書かれていた。

 このレストランは、北京本部の広東料理チェーン
   楊媽媽粥品専家
瀋陽市太原街の店舗とみられる。



ひとこと

 共産主義の本質を露呈したものだろう。
 思考の内側にある胡散臭い思考が出てしまったとも言える。

 緩い防衛力を日本に求める中国進出している企業経営者などを中心に与野党の政治家が中国政府の工作を受けている可能性が高く、家族と宇の情報を工作員に握られ、危害を加えられるリスクも出てくるだろう。

 技能修習生を受け入れ、単純に金儲けの手段とする中小企業の経営者や家族なども同様のリスクが大きいことを認識しておくことも必要だろう。
 当然のことだが、中国共産党に属する監視役が何人かに1人は含まれ、技能実習生の動向を見ており、この中でいろいろな情報が集められることになるだろう。

  
  
posted by まねきねこ at 05:58 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。