市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年03月27日

未来は読めない


 ムーディーズ・ジャパンは25日、ソフトバンクグループの格付けをBa1からBa3に2段階引き下げた。
 世界経済が縮小する流れが加速することで付加価値のみならず資産の縮小懸念が大きくなっており、さらなる格下げ方向での見直しの対象としているようだ。
 ただ、ソフトバンクGはこの格付けに対して反発し、格付けを取り下げた。
  
 ムーディーズは格下げ理由について
   「アグレッシブな財務方針を反映」
と説明した。

 23日に発表した4.5兆円の資産売却のうち最大2兆円を自己株式取得に充てる計画について
   「資産売却を実行することは容易ではない」
と指摘した。
  
 一方、ソフトバンクGは資産売却を行った場合でも2段階の格下げを行う合理性はないと反発している。
 格付け評価は基準を「大きく逸脱した」ものだとした上で、ソフトバンクGが性急に資産売却を実施し、財務改善を行わないという「誤った理解と憶測に基づく」と批判した。



ひとこと

 軸を置く場所で判断は両極端になるが、将来は判らない。
 


       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

  

    

posted by まねきねこ at 00:00 | 愛知 | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。