市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年03月31日

情報を流さない日本のマスコミ


 
 日本の防衛省統合幕僚監部は27日、海上自衛隊のP-3C哨戒機が26日午前、宗谷海峡から北西約95キロの海域を東進するロシア海軍の艦隊を発見したと発表した。

 従来の小規模海洋訓練と異なり、ロシア海軍の18隻が宗谷海峡を通過した。
 巡洋艦、大型対潜艦、駆逐艦、護衛艦、ミサイル艇、電子偵察船、補給艦、遠洋タグボート、病院船などの各種艦艇があった。数が多く種類もさまざまという。

 その中にはスラバ級ミサイル巡洋艦、ソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦などのロシア海軍太平洋艦隊の主力艦も含まれた。


 この艦隊にはロシア海軍太平洋艦隊の大半の水上艦が含まれ、水中で潜水艦が任務遂行していた可能性が高い。

 ロシア艦隊のほか、日本のP-3Cは26日同日午後に対馬海峡から南西約200キロの海域で、ロシア海軍の艦艇2隻(ウダロイI級駆逐艦と補給艦)が北東方向に航行しているのを発見した。

 この2隻もロシア海軍太平洋艦隊の主力艦で日本の防衛分野の情報収集を行った可能性が高い。


 ロシア軍が1日のうちに日本周辺に軍艦20隻を派遣するのは極めて異例だ。


ひとこと

 防衛面での隙は致命傷であるが、日本のメディアは報道が少ない。

 公共放送すら情報を流しておらず、これでは受信料を国民から強制的にまき上げるゴロツキ組織でしかない。


   

posted by まねきねこ at 06:07 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。