市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年03月31日

張り子の虎の言い分は聞く価値もない


 北朝鮮は30日、「外務省新任対米交渉局長」名義で談話を発表した。
 
 このなかでポンペオ米国務長官の北朝鮮に関する発言を「妄言」と非難した。
 また、米国との対話を続ける意欲を失ったと強調したと朝鮮中央通信が報じた。


 談話で北朝鮮は、米国が
   北朝鮮に与えてきた苦痛
を、恐怖と不安として返すための「事業」にさらに熱意を持つことになったと主張し、「われわれはわれらが道を進む」と述べた。

 また、トランプ大統領が独裁者の
   金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)
に親書を送り、新型コロナウイルスの防疫で協力する意向があると伝えたことに触れ、協力を結ぼうとする大統領の意思をポンペオ氏が無視していると指摘した。

 ただ、北朝鮮ではコロナウィルスの感染者はいないと北朝鮮が主張しており、防疫体制は中朝国境封鎖の徹底で可能という話であり、中国から感染の恐れのある食料などを運ばなければ北朝鮮内に広がらないといっていいだろう。(北朝鮮内部では飢餓とコロナウイルスが蔓延し先軍政治のかなめでもある兵死にも多数が感染し死亡しており、政治犯は飢餓で死亡する状況にあると諜報機関が情報をもたらしている。)
 ポンペオ氏は25日(現地時間)に開催された先進7カ国(G7)外相によるテレビ電話会議の後、記者会見で、「北朝鮮の違法な核・弾道ミサイル開発に対応し、外交的、経済的圧力を加えることに専念しなければならない」と主張した。
 
 
ひとこと
 
 金正恩の体制が内部から崩壊する兆しが出てきており、暴発行為を実行する可能性は極めて高いため、日本は韓国への砲撃が始まり韓国人の避難民が来週する蚊の末井が高まるため水際で追い返す体制を早急に整える必要が出てくるだろう。
 避難民は人道的な取り扱いで受け入れることを普通は考えるが、反日思考が強い韓国人を受け入れるリスクと武装工作員や伝染病に感染した工作員が紛れ込み、日本の治安を破壊する活動を行うことに対応して行く必要もあるため、追い返すことが重要だ。
 
  

posted by まねきねこ at 19:45 | 愛知 ☔ | Comment(0) | onemile stone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。