市場散歩   注目銘柄   One Milestone   証券会社

2020年04月18日

コロナ感染拡大の元凶は情報を無視した政権の不作為


 ワシントン・ポスト紙は、トランプ政権が1月3日に中国側から
   感染状況の報告
を受けてから70日に渡る米政府の感染対策の流れをまとめた「新型コロナが猛威を振るうなか、否定と機能不全に困惑する米国」と題した記事を伝えた。
 この期間中にホワイトハウスのオーバルオフィスから米国疾病予防管理センター(CDC)に至るまで一連の系統的なミスが生じ、新型コロナウイルスの大流行を回避するチャンスを失ったと判断した。
 この記事によると、米国は感染症に対応する準備が最も良く整った国とされてきた。他国と比べても、より多くの専門人材、資源、プロジェクト、疫学的経験がある。ところが現在、一連の
   史上最大の感染対策
を講じているにも関わらず、米国は依然として新型コロナに壊滅的な敗北を喫する可能性があると指摘した。
 
 また、死者は世界各国を上回っており、最終的にはさらに、米国の朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガン戦争、イラク戦争における死者の合計を上回る恐れがあると続けた。
 しか、し本来、これは回避できたはずだと結んだ。
 CDCは昨年12月31日の時点で、中国で原因不明の肺炎が発生した情報を手にしていた。
 トランプ政権は今年1月3日、中国から感染症に関する初の報告を受けた。
 米国の情報機関による初の
   感染警戒報告書
が、数日内に大統領が毎日受け取る報告書に盛り込まれた。
 米国の情報機関はその後、何回も警報を出したが、この70日に渡り、トランプ大統領は政府高官を含む関係者からの警告に耳を貸さず無視し、新型コロナウイルスの重大性を34回ぼかそうとしたという。
 
 感染症は「奇跡的に」消滅すると断言したmpのの、これは公衆衛生専門家の緊急警告と食い違った情報で人々を困惑させたものだ。

 米国家安全保障会議はイタリアなどのEU諸国への渡航禁止を推進した。
 これに対し、ムニューシン財務長官ら経済当局者に反対されたため実施が遅れた。
 1カ月以上が過ぎ欧州渡航禁止例が発効した頃には、欧州の多くの人が米国に渡航し、ウィルスをまき散らしていた。
 また、1月末から2月上旬にかけ、米保健福祉省が感染対策の資金追加を要請したものの、ホワイトハウスから強く反対され実施が困難であった。
 3月上旬になりようやく議会から感染対策資金を手にしたが資金拠出の遅れにより、米国が人工呼吸器、マスク、その他の防護物資を備蓄するための期間が少なくなり医療崩壊が起きた。

 米国がこの期間中に、検出試薬キットを大量生産・配布できなかったことが最大の失敗となる。
 
 トランプ政権により、組織の縮小や資金の削減などの影響からCDCは長年に渡り、体制的な弱体化が進んでしまっていた。
 いつ起こるか判らない潜在的な危機に直面しても、民間の実験室、学術機関、病院、検出試薬キットを開発する能力を持つ世界の保健機関の参与が不可能となり、切実な需要があることを意識することが出来ないように圧力が掛かっていたとも言える。
 
 保健当局者は、米国国内の感染規模は限定的で、CDCは自前で検出試薬キットを開発できると判断したが、この評価は米国が犯した「最大の犠牲を伴うミス」の一つと批判が出ている。
 米政府のコロナウィルスの感染状況への反応は感染曲線よりも数日遅れることが多い。
 
 ホワイトハウスと公衆衛生部門は資金及び緊急物資の供給などをめぐり対立を続けた。
 すでにパンデミックになっているにも関わらず、米国の医療現場の防護物資が大きく不足したが、内部党争、縄張り争い、指導者の急な交替は、感染対策チームの活動を妨げた。
 
 国の戦略的備蓄メカニズムは長年に渡り資金不足に陥っており、備蓄されているN95医療用マスク、防護服、手袋などの物資の不足が深刻だ。
 
 
ひとこと
 
 米国の不手際を日本の対応の杜撰さを比較すれば酷似している。
 与党だけではなく、野党が政権時代に行政改革や規制緩和、事業仕分けで行政機構の縮小や民営化を進めた結果、国家体制の弱体化を招き有事への対応が出来ない組織にしてしまったのも事実だろう。
 
 愚かな国民の量産化を海外勢力の工作を受けたメディアの偏向的な情報の踊らされる市民団体などの発言が膨れ上がった影響もお大きく、国民目線といった曖昧な基準を持ち出し、単に声が大きい勢力を民意として捉えるなど振れの大きな思考で社会秩序の崩壊を推し進めてきた責任が野党議員にはある。
 
 その後、与党の政権は米国に媚び諂い、忖度する官僚により組織の質の低下が続いてしまったともいえる。
 天下国家の問題でもない卑しい素行の悪さを国民の意識を外すため、情報を隠蔽する官僚組織のあり方が一番の問題だろう。
 こうした問題の追及を意図的に避ける傾向が強いマスコミの存在意義もなくなり、宣伝効果も当然乏しくなり組織の破綻が起きていくことになる。
 
 幼稚でお遊戯のごとき番組から大量に流れ出る情報の質の悪さは話にもならない。
 
 
    
posted by まねきねこ at 08:44 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 市場散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。